ホーム

記事一覧

RSS

燃料デブリか、圧力容器下つらら状の塊 福島第一3号機

 東京電力福島第一原発3号機のロボット調査で、東電が21日、溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)とみられるものが、原子炉圧力容器の下につらら状に垂れ下がっているのを確認したことが、関係者への取材で分かった。3号機はこれまでの解析で、ほとんどの核燃料が圧力容器に開いた穴から溶け落ちたとみられる。デブリと確認されれば、事故の解明や今後の廃炉作業の貴重なデータとなる。

 東電はこの日早朝から、3号機の格納容器に水中ロボットを投入。19日に調査した圧力容器直下へとつながる開口部から中へと入り、崩落した構造物の状況などを調べていた。

 ロボットが圧力容器の直下にまで進んだところ、圧力容器に開いた穴からデブリとみられる物体が、つららのように垂れ下がっている様子がカメラに映ったという。

<以下省略>

※引用元:

燃料デブリか、圧力容器下つらら状の塊 福島第一3号機:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK7P3JH8K7PULBJ001.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 今更なんだけどメルトダウン以外の何物でもないよね 構造が異なるのもあるのでチャイナシンドロームにはならなかったけれど、その後のことを考えると。 仕組みはただの蒸気発電なんだけど、原料がねぇ、おっかないねぇ。
  • 爆発原因は明白。デブリは安定!?地盤の致命的ショック誘発事故は?チェルノブイリの原因を黙認無視?
  • 2年前にサラリーマン金太郎五十歳で描かれて内容に酷似。原発事故は欧米では当たり前の放射除去フィルターが無かったために水素を排出できずに水素爆発をした事実を政府は認め謝罪すべきだ
  • あの手の事故が起こったら何処に行ってどうなるかさえ判らない。普通はそういう物を作ったらいかんと思うのだけれど。
  • なんかワクワクしちゃうんだよなあ、こういうの。原発の外の被害は被害として理解したうえで、中のことは人類のフロンティアとして見てしまう。
  • 原発事故から6年でやっと事実がわかった。もう6年ですよ。 こんな危険なもの、再稼働させて言い訳がない!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: