ホーム

記事一覧

RSS

トヨタ、中国でEV量産へ C―HRベースに19年にも


 トヨタ自動車が、電気自動車(EV)の量産を2019年にも始める方針を固めた。環境規制が強まる中国で着手する。これまではエコカー戦略の柱にハイブリッド車(HV)を据えてきた。世界最大の中国市場で、EVシフトを強める海外勢に対抗する。

 中国は18年にも始める新規制で、EVなどのエコカーの一定割合の販売をメーカーに義務づける。ガソリンも使うHVは対象外のため、対応を迫られていた。

 今回のEVはスポーツ用多目的車「C―HR」がベース。生産台数は規制や補助金の詳細を見極めて決めるが、年数千台以上でスタートする可能性がある。HVで培ったモーター制御の技術を生かす。電池などの基幹部品は、現地で調達する。

 このEVの販売は中国市場に限るが、トヨタは別の量産EVの20年ごろの投入もめざしている。これに伴いEVの生産や販売の地域が広がる可能性もある。

<以下省略>

※引用元:

トヨタ、中国でEV量産へ C―HRベースに19年にも:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK7Q2QFHK7QOIPE001.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 自動車メーカーは独仏に限らず世界中でビジネスしている、相手国の事情に応じてEVやHVを作り分ける時代。東欧ではプロパンだってある。独仏がEVといったら日本もEVだ的な右向け右式の議論では未来は開けない。 メディアは分かっている筈だ。
  • ※日本製造業の盟主トヨタが想定外の世界のEVへの傾注に業績失墜の危機に中国巨大EV市場での起死回生策だが19年では遅過ぎの懸念!トヨタ/経産省コンビの戦略ミスの挽回を!
  • ハイブリッドはガラパコスになると思う。デカイ中国市場や高額なHV無理な将来有望な途上国が主導権を握りEVが世界の主流になると思う。そしてコモディティ化
  • EVに本腰をいれてくれたようでまことによろしい。ハイブリッドが好きならそれも存分にやったらよかろう。 だが燃料電池車、こりゃだめだ。他用途他事業に転用しとけば?
  • 中国は、温室効果ガス世界2位。そしてパリ協定にも批准している。現実的な温暖化対策として、私はこの取り組みを大いに評価したい。
  • 中国で生産とかアメリカに拠点とかして尾張名古屋に金も仕事も税など社会負担もしないとトヨタでさえあれよあれよと転落して潰れたりして。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: