ホーム

記事一覧

RSS

「コーナーポール」はいずこへ? クルマの左前の棒状のアレ、数を減らした理由とは


クルマの左前方に装着された「コーナーポール」。最近あまり見かけませんが、どういった現状なのでしょうか。

 クルマの「コーナーポール」とは、前方の車両感覚の把握を補助するための、車両左前方に装着される棒のことですが、最近あまり見かけないような気がします。

※引用元:

「コーナーポール」はいずこへ? クルマの左前の棒状のアレ、数を減らした理由とは

https://trafficnews.jp/post/76981/


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 自分の車で付けた事がないな。でも、誰かの車を運転した時に付いていて狭い右に曲がるコーナーではとても便利だった。付いていても下手な人だとは自分は思わない。
  • 以前中古で購入したホンダエアウェイブに収納式のが付いていたけど、結局1度も使わなかったなぁ。そこまでギリギリに寄せる状況がない。
  • “ダンナポール”とも言われるコレ、一応今でも売れるんですね。見た目の是非は別としてシンプルで合理的なアイテムだと思います。
  • R32スカイラインに乗り換えた時は脱着式の棒を付けた。直6エンジンを縦置き、ボンネットが長くてね。慣れるまでは重宝したよ。
  • 私の車にも前オーナーが付けたヘタクソ棒がある。ドラポジが低く見切りが悪い車種だからとは言え、カッコ悪過ぎて萎える(ヘタクソ棒だけにw)
  • 車両感覚に疎いヘタクソさんは、角など傷だらけ。装備してると下手と見られるのが嫌で、直すのもしない貧乏人増えたからね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: