ホーム

記事一覧

RSS

採用予定の医師にマタハラ 大阪の医療センター部長

 大阪府立病院機構・大阪急性期・総合医療センター(大阪市住吉区)で、採用予定の医師に対するマタニティー・ハラスメント(マタハラ)があったとして、センターが小児科の女性部長を厳重注意としていたことがわかった。5月31日付。センターは懲戒処分ではないことを理由に公表していない。

 センターや関係者によると、女性医師は昨年末ごろに採用が内定し、今年4月から勤務予定だった。今年2月、妊娠がわかったと、部長にメールで伝えると、部長は「病院に全く貢献なく、産休・育休というのは周りのモチベーションを落とすので、管理者としては困っている」と記し、「マタハラになるかもしれない」としつつ、「非常勤で働くのはどうでしょうか」と送り返したという。

 センターは、部長のメールの内容は、男女雇用機会均等法で防がなければならないと定める妊娠、出産などを理由に不利益な扱いを示唆する言動で、いわゆるマタハラだったと認定。部長を厳重注意、監督責任のある病院長を所属長注意とした。女性医師はセンターで勤務しなかったという。

※引用元:

採用予定の医師にマタハラ 大阪の医療センター部長:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK7S42NVK7SPTIL00R.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • この類って特に女性向けのは性善説に基いてるのが多いけど、勤務初日から産休育休と連続で1年とか取って退職、みたいにはできない制度にすべきと思う。結果的に理解に繋がる。
  • 職場に貢献しないと子供作っちゃダメってことなのかな。家族計画に他人がいろいろとダメばっか言ってると子供できるタイミング逃してますます少子化になりそう。
  • →→→当該者が計画的に妊活したかは不明ですが、雇う側は「着任前から?」と思っても(言っちゃダメだよ)、出産適齢期を迎える側は正規採用中に産休育休を取りたいわけで。
  • 産休育休が制度としてあるなら、それを取得することで不平不満が出る組織がダメなのでは。それ以前に個人個人のモチベーションに頼ってる運営なの?
  • 生活のために自ら稼ごうとする女性に対する、勝手に妊娠するなという社会の圧力。個人的にはとても不愉快だけど、そういう世の中を望む人が多いからこうなったんでしょうね。
  • 個人的には就職活動してんのになんで生でやるの?って疑問。しかも医者。すごく疑問。
  • 比較的若い医者が1-2年とかの短い周期で医局都合で異動、ってのも色々矛盾あるのよね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: