ホーム

記事一覧

RSS

暴力団やめたのに…生活保護却下 県警リストに「組員」

 肝細胞がんになった静岡市の無職男性(65)が生活保護を申請したところ、市に却下された。理由は「警察が暴力団と認定している」。男性は「すでに脱退した。きちんと調べて判断してほしい」と訴えるが、市の方針は変わらず、裁判で争いが続いている。

 裁判に提出された書類によると、男性ががんと診断されたのは2014年3月。男性はこれをきっかけに組に脱退を申し入れ、県警に組長名の「脱退届出承認書」を提出するとともに同年5月、市に生活保護の開始を申請したという。

 ところが、市が県警に照会すると、男性が暴力団員として県警のリストに登録されたままであることがわかった。6月、市は男性の申請を却下した。

 暴力団に詳しい桐蔭横浜大の河合幹雄教授(犯罪社会学)によると、警察は脱退の届け出があっても5年程度はリストから外さないことが多いという。「暴力団排除条例ができて以降、経済的に困窮した暴力団員の脱退が相次いでいるが、真偽を確かめるのに警察のマンパワーが足りていない側面もある」

<以下省略>

※引用元:

暴力団やめたのに…生活保護却下 県警リストに「組員」 - ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/13390226/


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 今まで好き勝手して来て善良な一般市民を苦しめ続け、いざ年を取りガンになったら足洗うんでナマポは虫が良すぎる。最後まで暴力団員として筋を通して苦しみ続け地獄に堕ちるべき~暴力団やめたのにな生活保護却下
  • 納めるもんもきちんと納めんで権利ばかり主張しやがって!権利を主張するなら義務をこなせ!なにぬかしとんじゃ!貴様が今までしてきたことの報いじゃ!ボケッ!!
  • 今まで散々違法なことして一般市民にも多大な迷惑かけておきながら法の下の平等を口にするのっておかしいだろ。市民はお前らの行為を忘れることはない
  • 酷いね!この人の現在が、一般人の明日の姿。警察権力を増大させた様々な法律が、目立たない様に形を変えて出始めますね。
  • ヤクザは和彫をガッツリ入れているから、汗腺潰して老廃物出せなくなって、肝臓がんになりやすい説。
  • だからダメなんだよ 役所の役人とクズ政治家はよォーおめえらタダ働きだ!この税金隠匿野郎ども
  • ≪人権問題だし、受けさせるべきだろう。納税者として加計や東京五輪やリニアや、海外への“ばらまき”などに税金を不当に浪費するのは絶対に許さないが、こういう本来の使い方なら文句は無い


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: