ホーム

記事一覧

RSS

長崎新幹線、長崎県知事が全線フル規格化を要望


 長崎県の中村法道知事は28日、九州新幹線長崎ルート(長崎新幹線)の全線フル規格化を求める意向を初めて表明した。一方、佐賀県の山口祥義知事は財政負担増を理由に反対した。フル規格化した場合、事業費は現在の5千億円からほぼ倍増する見込み。

 都内であった与党の非公開の委員会で、中村知事は「一番効果が期待でき、安定的な運行が実現されているフル規格の形で実現してほしい」、入れ替わりで出席した山口知事は「地元負担の課題があって難しい」と話したという。委員会後に両知事が明らかにした。

 長崎ルートは当初、車輪の幅を変えられるフリーゲージトレイン(FGT)の導入を前提に、①博多―新鳥栖間(26キロ)は鹿児島ルートを共用②新鳥栖―武雄温泉間(51キロ)は在来線の線路を活用③武雄温泉―長崎間(66キロ)はフル規格で整備する計画だった。だがFGTの開発が難航し、JR九州は技術面とコスト面から導入を断念。全線フル規格化を要望していた。

<以下省略>

※引用元:

長崎新幹線、長崎県知事が全線フル規格化を要望:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK7X53QZK7XTIPE01Q.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 需要を考えたら、山形・秋田新幹線のようなミニ新幹線で十分だと思うのだが。現行800系後継車両に自動連結器を付け、博多と鹿児島中央・長崎間を新鳥栖分離で運行すれば良い。
  • 新幹線と呼称するならフル規格が基本だろうと思う。国際的な設置提案における安全も高度サービスもフル規格が根底。長期企画の資金は短年度予算に合わない。〆
  • 大して意味ない。中止、中止!フルで建設中の区間も在来線を走らせよう。そして中村を、次の知事選(予定では来年)で落とそう!
  • 国の出方として考えられるのは、「佐賀県の負担増はゼロにするけど、着工は北陸新幹線新大阪開業の後ね」と揺さぶりを掛ける事ですね。単なる負担軽減は新潟県が黙っちゃいません。
  • スーバー特急(最高速度160km/h)に変更すれば、ユーサーは博多までの時間短縮、JRは長崎線、佐世保線、大村線が堂々と廃止できてwin-win。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: