ホーム

記事一覧

RSS

<北朝鮮ミサイル>圧力路線不発 対応遅れ懸念…防衛相兼務


 北朝鮮の弾道ミサイル発射に対し、日本政府は米韓両国と連携して北朝鮮への圧力を強化する方針だ。ただ、北朝鮮の挑発は止まらず、政府内には無力感も漂う。一方で、岸田文雄外相が防衛相を兼務した直後の発射となり、岸田氏は外務、防衛両省を頻繁に移動する慌ただしい対応を迫られた。危機管理に遅れが出かねないとの懸念も出ている。

 安倍晋三首相は29日未明、記者団に「米国、韓国をはじめ、中国、ロシアなど国際社会と緊密に連携し、さらに圧力を強化していく」と強調した。ただ、北朝鮮に影響力を持つ中国、ロシアは圧力強化には慎重だ。韓国の文在寅(ムンジェイン)政権の対話路線も懸念の種だ。首相の言葉とは裏腹に足並みはそろっているとは言えず、圧力路線の効果は不透明だ。

 政府は28日の閣議で、米政府の追加制裁に同調し、中国企業2社を資産凍結の対象に追加指定したが、中国は「間違った決定」と批判した。北朝鮮のミサイル発射はその直後で、政府筋は「ミサイル発射は制裁に対する北朝鮮の返事だろう」と指摘し、日米の制裁への抗議の意味もあるとの見方を示した。中国との亀裂が広がる中での日米の圧力強化が、結果的に北朝鮮の挑発行動に拍車をかけた可能性もある。

<以下省略>

※引用元:

北朝鮮ミサイル:圧力路線不発 対応遅れ懸念…防衛相兼務 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170730/k00/00m/010/065000c


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • カーター元米大統領と金日成国家主席の会談の頃から今までずっと話し合いを中心に模索してきたのに、北朝鮮は約束を破り続けどんどん開発を進め、脅威は増してるんだろ。
  • 毎日新聞が偉そうに言ってるけど軍事的圧力もかけられない日本で大臣不在の隙もクソもないだろ。せいぜい破壊措置命令出すのが限界なんだから。着弾したって遺憾砲しか撃てないのが現実。
  • 何を日本が慌てている!ICBMで。橋下元大阪府知事がおっしゃる通り、北朝鮮は既に日本には十分届くミサイル実戦配置済み、今更防空壕とは何寝ぼけているのか。
  • 全く政府は負け犬の遠吠えばかりでアホちゃうか!日本海にいらなくなった船を沢山浮かべて当たったら莫大な損害賠償を請求請求せよ!
  • 同じパターンを続けている時ではない。防衛大臣と外務大臣の兼務は不都合が悪い。軍事紛争時に外交ルート交渉が平行する場合があるが、これが出来なくなる。
  • ほんまマスコミって…散々このご時世に難癖つけて国会空転させといて、部が悪くなってきたら、これ。空転させてる間に優先させるべきものもっとあるだろう。
  • 対応遅れ懸念…防衛相兼務(毎日新聞)マスコミは、自分たちが、ギャンギャン騒ぎたて、大臣を辞任させ、辞任させたとたん、対応遅れの懸念?いいかげん吐き気がする。マスコミ大嫌い。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: