ホーム

記事一覧

RSS

空自が米爆撃機と訓練 ミサイル発射の北朝鮮を牽制


 岸田文雄外相兼防衛相は30日午前、航空自衛隊のF2戦闘機が同日、九州周辺から朝鮮半島の空域で米空軍B1戦略爆撃機と共同訓練を実施したと発表した。28日深夜の弾道ミサイルを発射するなど挑発行動を続ける北朝鮮を牽制(けんせい)する狙いがある。

 共同訓練に参加したのは空自築城基地(福岡県)第8航空団所属のF2戦闘機2機と、グアム・アンダーセン米空軍基地所属のB1戦略爆撃機2機。B1は空自との訓練を終えた後、韓国空軍とも共同訓練を行った。

 岸田氏は防衛省で記者団に対し、訓練の目的について「日米共同対処能力および部隊の戦術技量の向上を図るため」と述べた。その上で「特定の国や地域を念頭に置いて実施したものではない」と説明したが、「北朝鮮の軍事動向については関係国と連携しながら重大な関心を持ち、情報の収集・分析、そしてわが国の平和と安全の確保に万全を期していきたい」と強調した。

<以下省略>

※引用元:

空自が米爆撃機と訓練 ミサイル発射の北朝鮮を牽制

http://www.sankei.com/politics/news/170730/plt1707300011-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 肝心なのは、日本はドイツイタリアと同じ核報復条約が無い欠陥防衛!、日本は米軍基地以外でも核テロが有ったら、米本土同等!に、核報復すると補償必要だ。勝利前にやられ損日本だ。真相会日本
  • 確かに訓練で有事の時の備えは大切だが、本来有事が起こらないように努力するのが国会議員や官僚の本来の仕事だと思うが。動こうとしない国会議員や官僚たち!
  • これはどうみても、文官追認決済でしょう。何が「防衛相兼務 対応遅れ懸念も」だ、制服本体の取材経路がない露見!
  • これは牽制にならない。迎撃できるように法整備をした方が早い。訓練にもなるし、撃つ度に撃墜したら抑止力になる。
  • 岸田が存在感を増す機会が得られた・・ 空自と防衛省にとっては平時からの訓練。特にF2戦闘機の意味は大きい。 平成ハイパーだが新型も欲しい。
  • LINEアカウントメディア アメリカと一緒になって戦争する準備ばっかりやってどうするの。外交努力はどこへ


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: