ホーム

記事一覧

RSS

茂木・小野寺氏を重要閣僚に 3日内閣改造 参院から松山氏


 8月3日の内閣改造・自民党役員人事を控え、安倍晋三首相は31日、茂木敏充政調会長と小野寺五典元防衛相を重要ポストで入閣させる方針を固めた。麻生太郎副総理兼財務相、岸田文雄外相、菅義偉官房長官、世耕弘成経済産業相は留任する見通し。二階俊博幹事長、竹下亘国対委員長にも留任を求める。公明党の石井啓一国土交通相は留任が内定した。

 参院からは世耕氏のほか、松山政司参院自民党国対委員長が入閣するとみられる。

 加計(かけ)学園問題などによる内閣支持率急落を受け、首相は一時大幅改造を検討したが、政権の安定運営には、内閣の「骨格」を維持させねばならないと考え直したという。麻生氏は引き続き日米経済対話を、世耕氏は日露交渉の実務をそれぞれ担当する。

 首相は当面の課題としてアベノミクスのさらなる加速を掲げており、着実に成果を出すためベテラン勢の総動員を検討している。このため「閣僚待機組」の初入閣は少数にとどめ、閣僚経験者の再入閣が増える見通し。「身内びいき」批判を避けるため、出身派閥の細田派(清和政策研究会)からの入閣は最小限となるとみられる。

<以下省略>

※引用元:

【内閣改造】茂木、小野寺両氏を重要閣僚に起用へ 岸田外相、世耕経産相ら留任へ 参院から松山氏が初入閣へ 

http://www.sankei.com/politics/news/170801/plt1708010008-n1.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 兎に角能力主義適材適所で起用すればよい。結果が女性だろうが若手だろうが民間人だろうが身内だろうが構わない。待機組のような悪弊はこれを機会に止める。フェイクニュースで低下した支持率には一喜一憂せず着実に山積する諸課題に対応してほしい。
  • 世耕経産大臣、岸田外務大臣継続へ。これで菅官房長官、麻生財務大臣を含めて、安部政権は盤石の体制が維持できる。そして茂木経済財政担当大臣と小野寺防衛大臣となれば、かなり強固な体制だ。応援したい!
  • 参院から松山氏>>>小野寺氏、防衛大臣復帰なら、早急に「基地や装備の拡充」を!出来れば、艦船など寝具のマットとかアスリートが使用してる物に変更を! 疲れを取るのは大事です!
  • 岸田・党三役説をかなり早い時期に流していた産経も、ここでは留任となっている。でも昨日の時点では田崎氏が党三役といっていたらしい。この記事にも「一時大幅改造を検討したが」とある通り、全体が流動的なのだろう。
  • 党役員では政調会長、総務会長の人事が焦点となる。首相は秋以降に憲法改正論議を加速させる方針を崩しておらず、党内の意見集約に技量が問われるポストとなる。
  • 日曜討論でよく見かける二人。確かに失言は少なそうだし、弁は立つし、堅実な選択では。でも 感がハンパない二人。さらなる支持率下落を後押しかも?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: