ホーム

記事一覧

RSS

東芝、進まぬメモリ売却に“兵糧攻め”強硬 吉か凶か…WD、強まる反発


 東芝が半導体工場第6棟の単独投資を決めたのは、東芝メモリの売却をめぐり係争中のWDを“兵糧攻め”にして、提訴取り下げなどの譲歩を引き出すのが狙いだ。WDとの対立解消にめどが立たず、目標とする来年3月までの東芝メモリ売却が不透明になる中、強硬手段に打って出た。

 「状況が変わらなければ刀を抜くしかない」。東芝関係者はこの言葉を繰り返してきた。

 東芝にとってWDとの係争は東芝メモリ売却の最大のネックだ。WDは売却を契約違反として、国際仲裁裁判所や米裁判所に差し止めを求めて提訴。米裁判所は差し止めを認めなかったが、仲裁に持ち越しただけで訴訟リスクは払拭できていない。

 売却の優先交渉先に選んだ産業革新機構を中心とする「日米韓連合」の売却契約も係争が足かせとなり、1カ月以上足踏みしている。半年以上かかるとされる契約後の各国の独占禁止法の審査を勘案すると、デッドラインは近づいており、刀を抜くしかなかった。

<以下省略>

※引用元:

東芝、進まぬメモリ売却に“兵糧攻め”強硬 吉か凶か…WD、強まる反発

http://www.sankeibiz.jp/business/news/170804/bsb1708040614003-n1.htm


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • やっぱり東芝が強気な理由が分からん。お偉いさんが未だに世間ずれしてんのか。
  • 韓国とWDを入れ替えるのが最良の解決策とも。
  • 債務超過なのに、何処からそんな資金が出てくるの?
  • どっかまともなホワイトナイトいないのか!?
  • 原発、インフラ系を売却するほうがベター。













関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: