ホーム

記事一覧

RSS

ダージリンの対立激化で紅茶不足深刻、収穫9割減 数年影響の恐れ


【8月4日 AFP】(訂正)インド東部の紅茶の名産地、西ベンガル(West Bengal)州ダージリン(Darjeeling)で州政府と地元住民ゴルカ人(Gorka)の対立が深刻化し、特産品のダージリン茶葉が世界的な品不足に陥っている。

 茶農園の労働者の多くを占めるゴルカ人は今年、西ベンガル州の新政府への反発から大規模なストライキに突入。6月の茶葉生産量は前年比90%もの激減となった。政府機関インド紅茶局(Tea Board India)によると、昨年は133万キロだった6月のダージリン茶葉生産量は、今年はわずか14万キロだったという。

 茶葉の価格が20%以上値上がりするとの予測が広がる中、茶農園の中には生産の回復までに数年かかるとの見通しも出ている。シリグリ(Siliguri)の紅茶商業組合の会長は、ストライキがさらに数か月続けば「茶農園のほぼ半数が少なくとも2~3年は閉園せざるを得なくなる」と述べた。

<以下省略>

※引用元:

ダージリンの対立激化で紅茶不足深刻、収穫9割減 数年影響の恐れ

http://www.afpbb.com/articles/-/3138171


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • ダー様の後釜を巡って、聖グロリアーナ内部のオレンジペコ派とローズヒップ派の対立が激化する女の闘いのやつかこれ。
  • これは困った。変な茶葉が多く出回るようにならないと良いが。チベット、バスク、ウイグル、、そこの国に取り込まれているけどホントは嫌で独立したい地域はあちこちにある。
  • なぜダージリンがこんなことになったのかと思ったが「州政府が州内の学校教育におけるベンガル語の履修を義務付けた。ネパール語を母語とするゴルカ人は激怒。」と書いてあった。
  • まぁ、経済的な自立の目が見えればなぁ…。 民族的な自主・独立の機運が生まれるのは、歴史的に多いしなぁ…。
  • 数年影響の恐れ(AFP=時事) 続報出てたけど、長引きそうなのか…。現地の人の文化アイデンティティや生活が関わることだから、外野が勝手に紅茶の心配ばかりすべきではないんだろうけど。
  • まあ、本来「ベンガル」ってもっと広い地域を指すのだけど、いろいろあって現在の西ベンガル州以外はそれぞれ自立してしまったからなぁ。
  • 「ストライキがあと数ヶ月続けば農園の約半数はここ数年閉園の危機」て、えええまじか…しかし世界三大紅茶山地でありつつも現地の労働者の生活は大事。なんとかなるといいが。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: