ホーム

記事一覧

RSS

「ジャンボジェット」はなぜ消える? 世界を狭くしたB747旅客機、生産終了への経緯


「ジャンボジェット」の愛称で広く親しまれたボーイング747ですが、2017年7月現在、その旅客型の生産が終了間近といいます。海外を身近なものにした功労機はなぜ消えつつあるのでしょうか。

 2017年7月23日(日)に、航空自衛隊千歳基地において航空祭が開催されました。千歳基地には首相や外務大臣など政府要人の外遊や皇族の表敬訪問などで活躍する政府専用機、ボーイング747-400が所属しています。普段ではなかなか見る事のできない政府専用機が、航空祭では間近でその姿を見る事が出来るとあって、多くのファンが集まります。

 例年であれば千歳基地のF-15Jと編隊飛行を組んだり、飛行デモを披露したりするのですが、今回は天候の関係で残念ながらキャンセルとなりました。

※引用元:

「ジャンボジェット」はなぜ消える? 世界を狭くしたB747旅客機、生産終了への経緯

https://trafficnews.jp/post/77922/


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 747は色気があってとても美しい。これで世界中を飛び回った。新しい方が技術的にも経済的にも良いのは理解できるがとても惜しい。最近のは美しくないからね。
  • 肝心な部分を書いてないな 燃費とエンジンの信頼性で超長距離でも中型機で飛べるようになったということは、無理にダンピングして座席を埋める必要がなくなったってこと。
  • 一番フォルムが美しい旅客機。フロントもイケメンかと! エンジン4基で老朽化・燃費が悪い扱い……まるで古き良きスポーツカーみたい。
  • 乗ったことありますが、特に国際線の長時間移動の後は疲労感がB777なんかより高かった記憶があります。根拠はないですが。
  • 緊急着陸する場所が無いエリアでも双発機が飛ぶことを許可されるようになって4発機が消えると。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: