ホーム

記事一覧

RSS

ドラマ撮影で失明のスタントマン、労災認められず 背後にテレビ局の「やりがい搾取」

ドラマ撮影中の事故で、左目を失明したフリーの男性スタントマン(40代)が労災請求したところ、三田労働基準監督署が請求を却下していたことが分かった。男性は審査請求(不服申し立て)を行い、労災認定を目指している。

三田労基署が管轄する東京都港区には、NHKを除いた主要テレビ局(民放キー局)が集まっている。テレビ局は、俳優など「実演家」の労災保険料を払っておらず、男性の労災が認められるかどうかは、実演家の権利向上をめぐる分水嶺となりそうだ。

厚生労働省は近年、リーフレットなどを通し、個人事業主である実演家も「労働者性」があれば、労災は認められると発信している。男性を支援している映画監督で、日本俳優連合(日俳連)理事でもある高瀬将嗣氏は、「労基署の判断は、厚労省の方針と真っ向から対立するものだ」と憤っている。

<以下省略>

※引用元:

ドラマ撮影で失明のスタントマン、労災認められず 背後にテレビ局の「やりがい搾取」

https://www.bengo4.com/c_5/n_6473/


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 無理やり外に出される台風実況中のケガなら労災降りるだろうにね。サニー千葉さんに頼んでハリウッドの組合に入れてもらえば?
  • 目当ては労災だし、名前出すと名誉毀損で逆襲されかねないから個人じゃ名前出さない方が良い。未来の同業の為と身を切れる人はいない
  • TV局も企業の一つにすぎないのだから出費を抑えようとするのは仕方ない。だから所得税上げてベーシックインカム実装しろっての。
  • 労働基準監督署ってやってることは労働者じゃなくて企業の味方だよな。存在意義の根幹が崩壊してるんだからもう潰せばよくない?
  • この事件ってニュースになったの?ネットマスコミがいかにも食いついて記事にしそうな話なんだけど。
  • せめて局長の眼球を一つ呉れてやれ!経営陣なら目が見えなくても構うまい?
  • 「後遺症は自己責任」はあまりにも酷い…。契約を結ばないという悪しき慣習を直さないとまた同じことが起こるよね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: