ホーム

記事一覧

RSS

加計学園の獣医学部新設の認可判断延期…設置審


学校法人「加計学園」の来年4月の獣医学部新設について審査する文部科学省の審議会が9日開かれ、実習計画などが不十分で課題があるとして、認可の判断を保留する方針が決まり、今月末に予定されていた大臣への答申は延期される見通しとなりました。

「加計学園」が来年4月に愛媛県今治市に新設を計画している獣医学部をめぐり、文部科学省の大学設置審議会は、ことし4月から審査を行い、今月末に結論をまとめて大臣に答申する予定でした。

これまでに審議会は、教員の数や学生の定員について見直すよう求め、学園は、定員を当初より20人少ない140人としたほか、教員を増やす案を提出していました。

関係者によりますと、9日、非公開で審議会が開かれた結果、認可の判断を保留する方針が決まり、今月末に予定されていた大臣への答申は延期される見通しとなりました。保留となった理由としては、学生に対する実習計画が不十分でライフサイエンスの獣医師などを養成するうえで教育環境が整っておらず、課題があるとされたということです。

<以下省略>

※引用元:

加計学園獣医学部 認可の判断「保留」へ 文科省審議会 | NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170809/k10011095061000.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 中身すっからかんの加計学園を擁護してた皆さんのご意見聞きたいな。自ら政治家に口利き依頼し、裏口入学してバレた、学力が全く足りない学生を擁護する気分?。
  • 引くも進むも大問題という。官僚が緻密な責任回避プロセスを長年作ってきたが、政治主導で通して利益誘導の結果、リスクが大爆発するという。
  • ここまで話を無理やり進めといて不認可はありえない、どんなに時間が掛かってもいづれは認可が下りるだろう、内閣は支持率が下がらぬよう茶番劇を演じているだけだ。
  • 何も悪くないことを政局のために騒ぎ立てることで、行政が止まって国民がその皺寄せを受ける。旧民主党政権の”事業仕分け”と同じ、醜悪な光景。
  • 日本的バランス感覚ここに極まれり。とはいえ、いわゆる疑惑を除いてもあまり準備ができてなさそうだし不可で妥当に思える。
  • 家計学園は石破4条件に明らかに適応していない。というか石破4条件がある場合は獣医学部は事実上できない。北大より優秀な新設大学はまず無理だろうな。
  • 加計学園、このまま真相隠蔽し続け疑惑隠しのままだと獣医学部新設申請は当然却下、白紙に戻すべき。総理お友達で利益供与疑惑満載の加計学園グループもお取りつぶし


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: