ホーム

記事一覧

RSS

<PKO日報問題>稲田氏の関与焦点 10日に閉会中審査


 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の派遣部隊の日報問題を巡って、衆院安全保障委員会と参院外交防衛委員会の閉会中審査が10日に開かれる。防衛省による特別防衛監察の結果公表を受けたもので、陸自内に残っていた日報を非公表とした経緯に、稲田朋美元防衛相が関与していたかが最大の焦点だ。

 小野寺五典防衛相は9日、省内で日報問題について「防衛省・自衛隊のガバナンスに対する信頼を損ない、隊員の士気を低下させかねない点で極めて重大で深刻だ」と改めて強調した。

 稲田氏は自身の関与について、今年2月13日と15日に岡部俊哉前陸上幕僚長ら陸自幹部と会議で同席したことは認めているが、陸自の日報について報告を受けたことは否定している。特別防衛監察の結果は「日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できない」とする。

 稲田氏が非公表方針を決定・了承した事実については「なかった」と明記したが、文民統制の点からも重要な「関与の有無」は解明されていない。

 仮に稲田氏が報告を受けていなければ、非開示決定という重要判断に関与していないことになり、省内を統率できていない証しとなる。報告を受けていれば、隠蔽(いんぺい)を主導したことにもなる。陸自からは稲田氏の関与を指摘する証言が相次ぎ、自衛隊という実力組織に対する文民統制が機能していないことが露呈した。

<以下省略>

※引用元:

PKO日報問題:稲田氏の関与焦点 10日に閉会中審査 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170810/k00/00m/010/131000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 結局、屋台骨が残ったままの安倍自民は何も変わっていない。稲田辞任で疑惑には蓋をして責任の所在は曖昧のまま。小野寺新大臣の再発防止の発言もなんと軽く感じられることか。
  • この件は明白にしないと日本の国防に関わる。個人的な判断では無くだ。多くの事が軽んじられ、曖昧化されてる現政府に於いて、重要な事項である。先ずは首相の辞任だな。
  • 特別防衛監察はあくまで防衛省内の審査機関。この調査結果を信用する時点から間違っている。これが安倍総理の言う丁寧な説明なら、安倍総理は大嘘ツキ!
  • 間違いなく関与してるから出席を拒否しているのです。 野党は、自らの政治生命をかけ、確固たる証拠を示し稲田氏と総理を議員辞職させてください。
  • 隠蔽に関わっていたとなれば虚偽答弁と責任問題で即刻辞任案件であり、可能性は低いが隠蔽が仮に報告されていなければ文民統制と統率が働いておらずどちらにしても稲田氏は政治家失格だ。
  • これってどちらにせよ問題なんだよね。だからさぁ、自民党も下手に匿わないで稲田を国会に差し出してよ。もう、この人を守っても党利に何も役立たんよ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: