ホーム

記事一覧

RSS

働かない松坂と契約延長しても、球団が一儲けできる背景


 “まさか”の展開となりそうな気配だ。今季で3年契約最終年を迎えている福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手が来季も契約延長となる可能性が高まってきている。

 ここ最近、一部の報道でも松坂の来季契約延長について球団側が前向きに検討していることが取り沙汰され、にわかに現実味を帯びてきた。もともと松坂にはホークス入団時から「実は3年契約ではなく4年契約」とのうわさもあり、水面下では来季契約延長が規定路線となっていたフシも見え隠れしている。

 いずれにしても、このまま本当に松坂が来季もホークスのユニホームを着ることになれば批判は避けられないだろう。「右肩の筋肉疲労」などで終始調子が上向かず、2015年シーズンからここまでホークスでの1軍公式戦登板はわずか1試合で0勝。2016年の10月2日楽天戦(Koboパーク宮城)に登板したものの、1回3安打4四死球5失点と無残に大炎上で終わった。

<以下省略>

※引用元:

働かない松坂と契約延長しても、球団が一儲けできる背景 (1/4)

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1708/11/news011.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • うちの店でも普段売れない商品をあえてメニューに残している。理由は宣伝効果に加え利益に貢献するから。この辺の意味が分からない人が多い。
  • ITmedia 球団フロントの1人は「最大のメリットは大輔が入団したおかげで何と言ってもすさまじい経済効果を生み出す点だ」と。これは日ハムの斎藤佑樹にも当てはまりますね。
  • 日本ハムファイターズの”ハンカチ王子・斎藤佑樹”と一緒…。 選手として役立たずだが、名前が広く知られているので、抱えている…。
  • つまり、野球という『小さなそろばん』ではじくと確かに『給料泥棒』といわれても仕方がないが、世界全体という『大きなそろばん』ではじけば・・・。
  • なるほどね。つまり野球人としては無価値でもネームブランドで金を稼げるモデルね。ビジネス的にはそうだが違和感もある。
  • この記事、取材していないと思う 松坂大輔グッズが売れていると聞いたこと無い 現場ではなぜ置くのかとクレームもあると聞く webショップでも処分価格になっているしアイテム数も少ない このライター、ヤバイと思う


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: