ホーム

記事一覧

RSS

スバル、初の2400ccターボエンジン量産へ。基幹部品は日本で

 SUBARU(スバル)は2018年3月に、同社初となる排気量2400cc新型エンジンの量産を始める。18年に北米に初投入する3列シートの大型スポーツ多目的車(SUV)「ASCENT(アセント)」に搭載する。新型エンジンはターボチャージャー(過給器)付きとし、高い走行性能と燃費性能を両立。スバルの世界販売の6割を占め、燃費規制の厳しい米国市場での販売増を確実にする。

 新型エンジンは群馬製作所大泉工場(群馬県大泉町)で基幹部品を生産し、アセントを生産予定の米国工場(インディアナ州)で組み立てる。18年3月に生産を立ち上げ、最初の1年間は7万基前後を生産する計画。大泉工場で生産準備を進めているほか、米国工場ではエンジンの組み立てラインを増設した。

 新型エンジンは排気量2400ccの4気筒水平対向直噴ターボエンジン。エンジンと過給器を組み合わせて排気量を小さくしつつ出力を維持する。14年に生産を終了したアセントの先代モデルに相当する北米専用SUV「トライベッカ」は過給器のない同3600cc6気筒水平対向エンジンを搭載していた。

<以下省略>

※引用元:

スバル、初の2400ccターボエンジン量産へ。基幹部品は日本で

http://newswitch.jp/p/10003


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 市場の規模でプライオリティが低いのは理解しているが、日本国内でメーカーのラインナップを追えないのが寂しい。海外戦略車も特徴的で面白そうだもん。
  • エンジン受注してる群馬の工場は激熱なんだろうな~ ガソリン車を廃止しようとしてるヨーロッパ州とちがってアメリカだから出来ること。(アメリカが環境に配慮してないわけではない) 男のロマンだ☺大好き😍
  • はよ、アウトバックに積んでくれ。 レガシィ乗りでレヴォーグに移らなかった層は食い付くと思うっちゃけどね。
  • なんとも頭の悪そうな顔つきだ。アメリカ人にはお似合いなので、売れるといいですね。
  • 「7人乗り、2000cc以上、ターボ付き」。自分が理想としてた条件とぴったりだ。
  • 燃費はスバルに求めちゃいけないのは分かるけどどれくらいなんだろ、セコイア並みにかっこいい!!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: