ホーム

記事一覧

RSS

日航機事故から32年、社員9割超が事故後入社 植木社長「風化させず安全運航に全力」


 乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から、8月12日で32年が経った。三十三回忌にあたる12日は早朝から、多くの遺族や関係者らが墜落現場となった群馬県多野郡上野村の御巣鷹山を訪れた。

 雨が時折降る中、JALによると12日午後2時現在で、昨年よりも19家族81人多い92家族347人の遺族が御巣鷹山を訪れた。2013年以降の5年間では、過去最多の100家族387人だった2015年の同時刻に次いで、2番目に多くの人が訪れている。

※引用元:

日航機事故から32年、社員9割超が事故後入社 植木社長「風化させず安全運航に全力」

http://www.aviationwire.jp/archives/126782


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 昔の報道は今のエグさとはまた違いビジュアル面が酷くて、フォーカスに黒焦げの遺体を平気で載せてたり。今でも忘れられない→日航機事故から32年、社員9割超が事故後入社
  • Wire) 32年前の今日、夜勤で19時起床の親父を叩き起こしたな。友人の結婚式でお会いした方が搭乗してた。 合掌。
  • 自分が産まれた年に起きた事故。何となく他人事のように思えないことも。 JALだけでなく他社も空の安全を常に意識して欲しい。 ご冥福をお祈りします。
  • Wire) どんなに恐ろしい時間を過ごしたのだろうと、胸が痛む。 もう二度とこのような事故が起きないよう、切に願います。
  • 自分は、福島復興のため入社した東電社員がいると信じる。 そのうちテレビに出てくるぜ。 今はyoutubeの方が先だろうが。
  • 時が経てばそうなるのは当然だが、悪い言い方すると、事故と全く無関係の人間でも日航に入社するとこの事故の十字架を背負わされるわけなのね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: