ホーム

記事一覧

RSS

終戦の日談話 民進・蓮舫代表「安倍政権は憲法改悪に突き進もうとしている」


 民進党は15日の終戦の日に合わせて蓮舫代表の談話を発表した。先の大戦について「植民地支配と侵略によりアジア諸国に多大の損害と苦しみを与えた」とし、安倍晋三政権に対しては「立憲主義、平和主義を無視した憲法改悪に突き進もうとしている」と批判した。全文は次の通り。

     ◇

 本日、72回目の終戦の日を迎えました。先の戦争で犠牲となられた内外すべての人々に思いを致し、国民の皆さまとともに衷心より哀悼の誠をささげます。

 先の大戦では、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対し、多大の損害と苦しみを与えました。二度と同じ過ちをおかしてはならないとの思いを新たにし、後世へと伝えていくことをお誓いします。

 戦後の日本は、憲法の平和主義のもと、焦土と化した国の復興に全力を傾注し、自由で平和で豊かな民主主義国家をつくり上げました。同時に、経済協力、人道支援、PKOなど諸外国の繁栄・発展、国際社会の平和と安定につながる日本独自の貢献を行ってきました。戦後日本が歩んできた道は正しいものであり、誇れるものであったと確信します。

<以下省略>

※引用元:

【終戦の日談話】民進・蓮舫代表「安倍政権は憲法改悪に突き進もうとしている」

http://www.sankei.com/politics/news/170815/plt1708150007-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 東京裁判史観から一歩も抜け出ていないテンプレートそのままのような文章で何ら人の心を打たない。「世界に対しても新しい平和秩序づくりに傍観者たることなく貢献していきます」とか、武力抑制してどうやって貢献できるのか具体的に言ってみろ。
  • また自虐史観による「茹でガエル」平和主義か?現状分析が甘過ぎて話にならない。聞こえの良い美辞麗句を並べても中身が無く軽い。改憲批判については印象操作が目的化している。
  • 歴史を学ぶこともできない二重国籍違法人、蓮舫 前原は馬鹿民進党の歴史観を塗り替えるのか?憲法改正を進めるのか? できはしない、また玉虫色にして野合集団が出来上がるだろう いつまでたってもアホな政党だ。 |
  • 東京裁判史観の桎梏から一歩も出ていないステレオタイプの内容に安倍政権批判を加えた談話だな。それ以上のものを憐呆に要求するのは所詮むりだろうが。
  • 蓮舫って意味をわかって話しているのかなあ?耳障りの言い単語をただ単に聞こえの良いように並べただけでだから、説得力を感じないのだろう。原稿の棒読みと同じだね






















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: