ホーム

記事一覧

RSS

<日米首脳>北朝鮮ミサイル「発射阻止が重要」…電話協議


 安倍晋三首相とトランプ米大統領は15日午前、約30分間、電話協議した。北朝鮮が米領グアム沖への弾道ミサイルの発射を予告している問題について、発射の阻止に向け、日米が緊密に連携する方針を確認した。北朝鮮に圧力を加えるため、中国とロシアの役割が重要との認識でも合意した。

 首相は電話協議後、首相官邸で記者団に「北朝鮮によるグアム沖への弾道ミサイル発射予告は地域の緊張状態をかつてなく高めている」と指摘。韓国とも協力して国際社会として北朝鮮にミサイル発射を強行させないことが重要との考えで一致したと明らかにした。

 首相は「あらゆる事態に備え、強固な日米同盟のもと、高度な警戒監視体制とミサイル防衛体制をとり、国民の安全を守るために最善を尽くしていく」とも強調した。

 電話協議で首相は北朝鮮のグアム沖へのミサイル発射予告に触れ「トランプ大統領が同盟国防衛への関与を発信していることを高く評価する」と伝えた。両首脳は「対話のための対話は意味がなく、今は国際社会で一致して圧力を強めるべきだ」との立場を申し合わせた。

<以下省略>

※引用元:

北朝鮮ミサイル発射阻止へ連携確認 日米首脳電話協議

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK15H0S_V10C17A8000000/


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 日本の総理大臣であるからには、もそっと狡猾であれ。 キム王朝を最大限に活用して米国に核攻撃を加えさせよ。 米国から反撃を受ける体制は日本ではなくキム王朝だ。 どうじゃ、上手い手だろうが。 晋三は単純な男だからなー。
  • 日本の総理大臣であるからには、もそっと狡猾であれ。 キム王朝が米国に加爆すれば、広島長崎の復讐を日本に代わって北朝鮮が核兵器で実行した意味が有る。 米国から反撃を受ける体制は日本ではなくキム王朝だから傍観すべし。
  • 戦前の日本が人類に対して罪をおかしたかどうかはともかく、現代において人類に対して罪をおかす可能性の高いのは現代日本より戦前の日本の模倣国家北朝鮮であろう。
  • 中国に北朝鮮の制御を委ねるのって、イスラム国の下っ端がムチャやってて、それを止めるためにイスラム国にお金を渡すような論理だと思うんだよね。つまりテロに屈してるって奴と同じ状況だと思うんだ。
  • ミサイル発射の抑止に最も効果的なのは、トランプ大統領と安倍首相に黙っていて貰うことだ。また中露が主張している様に、21日から予定されている米韓軍事演習の延期も必要だ。




















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: