ホーム

記事一覧

RSS

「病は気から」の仕組み、マウスで解明 北海道大


 ストレスで胃腸の病気や突然死を招くメカニズムを、北海道大の村上正晃教授(免疫学)のチームが解明し、15日付のオンライン科学誌イーライフで発表した。ストレスで起こる脳内の炎症が関わっていた。「病は気から」の仕組みが裏づけられたといい、ストレス性の病気の予防や診断への応用が期待される。

 チームは、睡眠不足など慢性的なストレスをマウスに与えた。そのマウスのうち、自分の神経細胞を攻撃してしまう免疫細胞を血管に入れたマウスの約7割が、1週間ほどで突然死した。一方、ストレスを与えただけのマウスや、免疫細胞を入れただけのマウスは死ななかった。

 突然死したマウスを調べたところ、脳にある特定の血管部分にわずかな炎症があることを発見。炎症はこの免疫細胞によって引き起こされ、通常はない神経回路ができて胃腸や心臓に不調をもたらしていたことがわかった。

<以下省略>

※引用元:

「病は気から」の仕組み、マウスで解明 北海道大:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK8B5F8GK8BIIPE01J.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 近い将来、良い音楽(音)とヘルスケアが関連し、ハイレゾや超臨場感が話題となるだろうと想像しています。
  • この論理は、快方に向かわせる解釈にもなれば、患者の実態無視・軽視の悪用の裏付けにも使われそうだ。
  • 一年前は片頭痛発作が日に何度も起こっていた。耳鼻科医に言われた治療方針は“眠る事”だった。
  • 自己免疫疾患にかかっている身としては興味深い内容。でも、昔から経験的に言われていることがこうしてメカニズムとして解明されていくのって面白いですよね。→
  • この記事読むと、睡眠不足はヤバイし、今日疲労で横になってた1時間のうち10分くらいは心臓痛かったから、ストレスで私ダメだわ…。
  • 馬鹿と鈍感は最強で痴呆は長生きらしい訳?❤️メンタル大事ですね。
  • 脳の成長で、虐待による悪影響あるは解明済み、学際的な総合医療あるいは、生命科学を見てない悲しさ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: