ホーム

記事一覧

RSS

企業主導型保育所7万人に=定員2万人上積み―政府


松山一億総活躍担当大臣は閣議のあとの記者会見で、待機児童の解消に向け、企業の従業員などを対象とした企業主導型保育所の今年度末までの受け入れ人数の目標を2万人上積みし、7万人程度にする考えを表明しました。

政府は待機児童対策として、企業の従業員などを対象とした企業主導型保育所の整備や運営に助成金を支出し、受け入れ人数を今年度末までに5万人とする目標を掲げています。

これについて、松山一億総活躍担当大臣は閣議のあとの記者会見で、「企業主導型保育所は従業員の多様な就労形態に応じた保育サービスを行えることから、多くの企業から関心が寄せられている」と述べました。そのうえで松山大臣は「今年度末までの受け入れ分を新たに2万人分増やし、7万人程度に拡大することにした。女性活躍などの面でもメリットがあると感じており、企業の積極的な取り組みを促したい」と述べ、受け入れ人数の目標を2万人上積みし、7万人程度にする考えを表明しました。

<以下省略>

※引用元:

企業主導型保育所 受け入れ目標7万人程度に上積み | NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170815/k10011100671000.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • (日経新聞)政府は企業が従業員や地域の子どもを預かる「企業主導型保育所」の定員数を2017年度末までに合計7万人とする。従来計画から新たに2万人分上積み。15日、松山政司少子化相が表明し、近く運営主体となる企業の募集を始める。企業との協力をテコに子育て世帯を支援する受け皿を拡大。
  • 子供を預ける場所が増えればいいというものではない。公共性をもった、保育を権利として利用できる制度設計の思想を。
  • 待機児童解消は「人が生きる、人が輝く東京へ 重点政策方針2017」の中でも最重要課題。国からもぜひとも後押しをお願いしたいところ。/
  • 「政府は企業が従業員や地域の子どもを預かる「企業主導型保育所」の定員数を2017年度末までに合計7万人とする。従来計画から新たに2万人分上積みした。15日の記者会見で松山政司少子化相が表明し、近く運営主体となる企業の募集を始める」
  • 湯水のように金が出てくる国だな。もう「大丈夫」の域を超えているのではないかと心配。どれだけでも出てくる。 企業主導型保育所7万人に=定員2万人上積み―政府(時事通信)


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: