ホーム

記事一覧

RSS

<政治団体>日本「ファースト」どこへ 米国第一のコピペ?


 小池百合子東京都知事の側近、若狭勝衆院議員が設立した政治団体「日本(にっぽん)ファーストの会」が揺れている。若狭氏は国政進出する際には「新党名は別にする」と語るが、トランプ米大統領の「アメリカ・ファースト(米国第一)」とうり二つで、「排外主義だ」との批判も強い。日本にも登場したファーストはどこに向かうのか。

 「小池知事の理念を全国に広げるための団体。日本の自然や伝統、文化を大事にしようという意味も込めた」。若狭氏は取材に対し、小池氏が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」のイメージを重ねた狙いを語った。新党名の公募も検討するという。

 7月2日の東京都議選で、都民ファーストはいきなり第1党に躍り出た。通常国会では「加計学園」問題などで安倍政権が安倍晋三首相の周辺を優遇した疑いが浮上。千葉大の水島治郎教授(政治学)は「利益誘導型の旧来の自民党政治が顔を出して無党派層の不満が高まるなか、小池氏はポピュリズムをうまく利用し、民進党に代わって『受け皿』になった」と分析する。

<以下省略>

※引用元:

政治団体:日本「ファースト」どこへ 米国第一のコピペ? - 毎日新聞

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170821/k00/00m/010/103000c


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • (毎日新聞)今から印象作りに忙しい毎日新聞。こうして左翼に批判的な政治家は潰される。若狭氏の基本政策質問票の考え方に同意します。細野氏との連携が50%の元だと思う。
  • ポピュリズムに乗るほど、庶民が疲弊している。藁をもすがる思いを小池都知事は、小泉純一郎に学んだ。一点重大な違いは、小泉純一郎は、嘘をついていない。
  • 誰が考えったって「国民ファーストの会」になるのじゃねえのか、名称は。こんなことですったもんだしているようじゃ、ま、短命だな。都政がせぜいか。都政も情報公開の「聖域」があるようじゃな。困ったものだ。
  • どう考えても「アメリカファースト」のパクリでしょう。何せ、納税している在日外国人を都民の定義から勝手に外した小池百合子が操ってるんですから、排外的な側面もある。
  • 続き)「米国ファースト委員会」のこととか一般人は知らないだろ。孤立主義の牙城だったんだけど。 それに都政でも結果出してない段階で国政進出とか無茶だろ。 毎日ずれてる毎日新聞御苦労さん。
  • 記事中記載に同意。単なる『自分ファースト』。この記事では、一般用語で排外主義と表しているが、思想もない、日和見主義が適切かと。
  • 「『ファースト』の名称は各国で政党・団体が使用し、イギリスのEU離脱や右派政党の台頭につながった」。上智大・中野晃一教授「排外主義を連想するなという方が無理だ」


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: