ホーム

記事一覧

RSS

寝室明るいと「うつ」のリスク リズム乱れ心の不調に?


 夜眠るときに部屋が明るいと、うつの症状につながりやすくなるとする調査結果を、奈良県立医科大のチームがまとめた。明るいことで眠りの質が落ちて体のリズムが乱れるなどして、心の不調につながっているらしい。世界的にも珍しい調査で、結果は米国の疫学専門誌電子版で速報された。

 奈良県明日香村や香芝市などに住む60歳以上の男女863人の協力を得て、2010年から14年にかけて寝室にセンサーを設置。寝床に入ってから出るまでの明るさを計測した。健康などに関する質問にもこたえてもらい、その後の経過を2年間ほど追った。

 期間中、寝室が「暗め」(平均0・4ルクス)だった710人のうち52人、「明るめ」(同12・4ルクス)だった153人のうち21人が、新たにうつ症状を発症した。年齢や性別、世帯収入などが影響しないよう調整して分析すると、「明るめ」の人たちは「暗め」の人たちの約1・9倍、うつ症状を起こしやすかった。

<以下省略>

※引用元:

寝室明るいと「うつ」のリスク 体のリズム乱れ心の不調に? 奈良県立医科大が調査

http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/21/nara_n_17794834.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 何かっていうとウツだ希死念慮だって…社会風潮に僕は助けられたけどね。自殺ほのめかすと精神科勧められたりね。昭和なんて希死念慮なんてせいぜい歌謡曲の歌詞。病気でも何でもねーよ。
  • 鬱(うつ)の要因と考えられているものはいろいろあるけれど、定量的に相関性が明確になったのは初めてかも。 重い心臓病を患った人に起こる「病後うつ」もぜひ調査して欲しい。/
  • 最近まで明るい部屋で寝てましたが、今は真っ暗です。視覚過敏になっているのか、特に夜は人工的な光が目に刺さる、痛覚にまで至る感覚に陥るので。
  • うつの原因は糖分の摂取等です。 それとアレルゲンの摂取です。 マクロビオティックとフェカリス菌などの乳酸菌とビオチン療法で改善されます。 産後うつにはDHAです。不眠は精神科へ
  • |以前に、「明るい寝室は寝つき難い」とテレビ番組で紹介されてた。これとも関係ありそう。私自身も、部屋を少し暗くした方が寝付き易いようだ
  • ごめんなさい。寝る前にアイフォンいじって、もちろん電気ついてて、そのまま朝なんだよー頻繁に。自戒。
  • うちでは天井の蛍光灯の豆電球で1ルクスでした。蛍光灯じゃ明るすぎるて現状に良くないのがわかりました。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: