ホーム

記事一覧

RSS

成田空港「強み」はどこ? 拡充される羽田国際線、首都圏2大空港の意味は


「日本の空の玄関」である成田空港。東京都心に近い羽田空港で国際線の拡充が続くなか、成田空港の強みはどこにあるのでしょうか。羽田と、役割の違いはあるのでしょうか。視点を変えると、「成田の強み」が見えてきます。

 成田空港は、1964(昭和39)年に実施された日本人の海外渡航自由化を受け、増大する航空旅客の受け皿として1978(昭和53)年に開港した日本を代表する国際空港です。これにともない、1931(昭和6)年に東京飛行場として開港した羽田空港は、台湾のチャイナエアラインのみを残す国内線専用空港となりました。

 しかし近年、東京都心に近い羽田空港で、D滑走路完成による発着枠の増加などから、国際線の拡充が進んでいます。2017年4月の国際線利用客数は、成田空港が272万人、羽田空港が140万人で2対1。2011(平成23)年は3対1だったことを思うと、羽田空港における国際線の成長には目を見張るものがあります。

※引用元:

成田空港「強み」はどこ? 拡充される羽田国際線、首都圏2大空港の意味は | 乗りものニュース

https://trafficnews.jp/post/78361


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • →あんなに嫌がってた、日本の恥空港→黄金爆弾→どんどん羽田にシフトして、日本のグローバル化を推進しよう→成田は千葉県民の為の空港として頑張ってね、森田知事。
  • 個人的には京成沿線なので成田のほうが使いやすい。 マクロ視点で見ると、滑走路の長さとか先々の拡張性を考えると羽田一本化より成田を活用する方が成長すると思うんだ。
  • 北米とアジアの結節点ですよ。あとはフランスとニューカレドニアのハブとしての機能も忘れてはならない。?
  • 都心の空がうるさくなるより成田⇔都心間の東関道で自動運転交通立て付けを希望。
  • 羽田の国際化が、セントレアを見ればわかるように、地方空港の衰退・地方活性化の足を引っ張っているという側面もある。
  • 羽田が便利すぎるのは言うまでもないけど、成田もそんなに遠くない バスもいっぱいあるからね 東京は羽田・成田・調布としっかり目的別で3空港使い分けできてるから今のままで全然十分 ただ、羽田~成田の移動が不便なのが唯一の難点


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: