ホーム

記事一覧

RSS

転職サイトに事実無根投稿、投稿者名開示を命令

 約480万人が登録する大手転職情報サイト「転職会議」に掲載された事実無根の投稿で社会的評価を低下させられたとして、徳島市の企業が、高松市のプロバイダー「STNet」を相手取り、プロバイダー責任法に基づいて投稿者の名前や住所などの開示を求めた訴訟の判決が22日、高松地裁であった。

※引用元:

転職サイトに事実無根投稿、投稿者名開示を命令

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170822-OYT1T50148.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • こういう風に反応する企業は往々にして、その体質がある可能性は高いと思う。会社に魅力が無いし、将来性を感じないから人が来ない。ワンマン企業も実際に多いし。
  • 何で会社名が表記されていないのか不思議に思ったら、悪名高きリブセンスかww評判悪いからなこの会社ww平気で嘘求人情報やら嘘口コミを掲載するから。。
  • 「名誉が毀損(きそん)されたことは明らかだ」として開示を命じた。 まあ、せやろな。 自分が書いたものには、責任が生じる。 しかし、「社長はワンマン」は名誉棄損なんやろか?
  • これ、ぱっと見の印象だと検閲に近いよね。 書き込み主が社員だったとしても、社員じゃなくても、開示を受けてハッピーになるのは原告企業の社長だけじゃないの?
  • 前の会社で、入社してから体調崩してなかなか出社してこなかった人が試用期間で契約切られて、当てつけで社員MLに転職会議のURL送ってきた事あったなぁ。
  • これは「評価サイト」の存立に関わる深刻な案件。安易な開示の前に、運営者やISPが書き込み主とコンタクトして真実性を証明することはできないのかしらん。
  • 悪質な印象操作と認定された形。外見は取るに足らない記事かもしれないが本質は今マスコミが行っている政権批判と同種のもので今後マスコミの報道に関しても訴訟提起もある


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: