ホーム

記事一覧

RSS

奨学金返済、人生の重荷 子ども少なく結婚も遅れがち

 学生時代に借りた奨学金の返済を抱える人たちは子どもが少なく、結婚や持ち家の取得も遅れがちであることが、大分大学の川田菜穂子准教授(住宅政策)らの調査でわかった。主な奨学金の返済期間は最長20年だが、返済の期間が長くなる人ほど、人生設計に大きく影響しているという。

 文部科学省の助成を受け、昨年末、全国の25~44歳の1600人にインターネットで生活状況を尋ねた。回答者の平均世帯年収は約650万円で、大卒・大学院卒は56%。奨学金を借りたことがある人は、全体の2割ほどいた。

 回答者の世代を二つにわけて分析すると、子どもの数や結婚しているかどうかの差は、奨学金を借りていない人や返済をすでに終えた人との間で比べると、35~44歳の層で目立った。平均の子どもの数では、返済がある人の0・55人に対し、返済がない人は0・98人。未婚率の差は35~44歳のなかでも男性で目立ち、返済がある人は57・1%、返済がない人は42・7%で、15ポイント近い差があった。

<以下省略>

※引用元:

奨学金返済、人生の重荷 子ども少なく結婚も遅れがち:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK7S7D4DK7SUPQJ014.html


管理人の反応

(;´Д`) グスン


ネットの反応

  • 余計なサービス作らない様な世の中にした方が良いと思うぜ。余計なサービス作る為に自然増はあったとしても社会保険料値上げやら消費増税やら言ってるんだし。同じ事だろ。
  • 北海道いいぞ、北海道。 給料月20万に満たぬ、ボーナス会社都合消滅のブラック勤務な俺でも6年くらいで返せて貯金も可能。
  • 「非常に」眉唾だがとりあえず流す。ひとつは、高学歴に子供が少ない=返済が大変(!?)、返済と子供の数にはこの記事からは相関性が感じらぬ。一因ではあるのだろうなぁ
  • 結局子どもの何が金かかるかというたら教育費に尽きるんだからもっと真剣にこのあたりを考えんといかんでしょうが。お偉方はお金の心配せんでええから悠長なもんや。
  • 奨学金返済中の人は未婚率も借家率も高い。調査した川田准教授の「授業料減免など早急に措置をとらないと、少子化や消費に大きな影響が出かねない」の指摘は大事。
  • 米中韓を中心に、留学生には給付している奨学金。規約違反も帰国後の返還請求は弱腰。誰のための奨学金制度なのか⁉️
  • 「少子化や消費などに大きな影響が出かねない」結局は社会的な損失という結果になるのに、政府の対応の回りくどいこと。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: