ホーム

記事一覧

RSS

ホンダジェットは初の世界一、MRJはまたトラブル。なぜこうも違う?

 ホンダの米子会社が製造・販売する「ホンダジェット」の2017年上期(1―6月)の出荷が24機になり、小型ジェット機市場で初めて世界一に立った。同機は最大7人乗りのビジネス機。15年末に納入を始めて以降、北米や欧州の企業トップら向けに順調に販売を伸ばしている。

 ホンダジェットは、ホンダの創業者・本田宗一郎氏の飛行機への憧れをかたちにすべく、30年にわたり開発が続けられてきた賜物だ。ホンダジェットの開発リーダーでホンダ エアクラフトの藤野道格CEOは、同機の開発の狙いを「それまでの小型ビジネスジェット機の限界性を超えて利便性や快適性を高めること」と話す。

 そこには、他社の既存機を真似ることはしない、という気概と、新たな市場を拡大していく決意が表れている。開発プロセスにおいて藤野氏は、スティーブ・ジョブズばりの「細部へのこだわり」を見せていたという。隅々にまで目を配り、部品一つ一つにまで神経をとがらせる。開発チームは少人数で、極力専門分化をせずに協働していった。

<以下省略>

※引用元:

ホンダジェットは初の世界一、MRJはまたトラブル。なぜこうも違う?

http://newswitch.jp/p/10155


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 官僚様に頼る三菱重工は米国エンジンと自動車部品点数の100倍の部品間のすり合わせが、困難すぎる←ホンダは自社エンジンなので、エンジンと部品間のすり合わせが容易。
  • 三菱はダメだ。MRJからHRJにした本田にまかしたのがよくないか。三菱のDNAは亡くなった。癒着退室にどっぷり浸かった。創業時に戻るべき。
  • 同機の「国際分業」が原因ではないかという指摘もある。MRJは国産機ではあるものの、エンジンを含む各部品を海外メーカーに発注している。
  • 『国が絡むとプロジェクトは進まなくなる』なんて話をよく聞くが、MRJには経産省は絡んでいないのかな?もし絡んでいたら経産省が原因かもね。
  • 『片や本田宗一郎の元でF-1を極め、片やトラックのハブや燃費その他に至るまで隠蔽体質だから違うんだよね。』
  • ホンダと三菱では文化もスピード感も違う。 三菱系は零戦・トラック・ロケット品質「銃弾が鉄板貫通しても、タイヤが外れても、打ち上げ失敗も仕方ない」


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: