ホーム

記事一覧

RSS

書店ゼロの自治体、2割強に 人口減・ネット書店成長…


 書店が地域に1店舗もない「書店ゼロ自治体」が増えている。出版取り次ぎ大手によると、香川を除く全国46都道府県で420の自治体・行政区にのぼり、全国の自治体・行政区(1896)の2割強を占める。「文化拠点の衰退」と危惧する声も強い。

 トーハン(東京)の7月現在のまとめによると、ゼロ自治体が多いのは北海道(58)、長野(41)、福島(28)、沖縄(20)、奈良(19)、熊本(18)の順。ほとんどは町村だが、北海道赤平市、同歌志内(うたしない)市、茨城県つくばみらい市、徳島県三好市、熊本県合志(こうし)市、宮崎県串間市、鹿児島県垂水(たるみず)市など7市や、堺市美原区、広島市の東・安芸両区の3行政区もゼロだ。

 出版取り次ぎ大手・日本出版販売(東京)の別の統計では「書店ゼロ自治体」は4年前より1割増えた。

<以下省略>

※引用元:

書店ゼロの自治体、2割強に 人口減・ネット書店成長…:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK8R5FDVK8RUCLV00Q.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 今は電子書籍もネットもあるから一概に活字離れとはいえないけども、紙の本好き・装丁買い成功体験が忘れられない身としてもつらいし、地域格差も見えてつらい。
  • 最近僕が近所の本屋で定期的に買ってたものが棚から消えちゃって、しかたなくネット通販で買うようになった。あれじゃ本屋は潰れるなと思った。
  • 働き始めたら分かったけど、専門書が無い本屋に用が無くなるんだよなあ。 見繕った本を電子書籍で買うこともあるし、本は本屋であまり買わなくなった。
  • 繰り返し言ってるけど、独仏あたりと人口あたりの書店数を比べれば、まだ倍近く日本が多い。今の半分くらいまでは減ると思う。
  • 町村の僅か残った売れ筋のありふれた雑誌、漫画しか置く余裕のない苦しい書店であっても。ある種の最後の砦だから生きて~!
  • 雑誌や漫画はコンビニで賄えるけど、絵本は子どもと一緒に選びながら買う楽しみにもあるような。これから更に加速するだろうな。
  • 地元に本屋さんがないと、小中学生は、参考書を手に取って選んで買うことができません。何かできることはないかなって考えています。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: