ホーム

記事一覧

RSS

東京五輪で地方が木材“供出” 「戦時中と同じだ」「都民ファーストか」ネット上に反発 林野庁は困惑


 2020年東京五輪・パラリンピックで木材を全国の自治体から公募して、選手村の交流施設に使用する方針が示されたことに、インターネット上で「戦時中の“金属供出”を思わせる」との批判が噴出している。自治体からの申し出をきっかけに計画されたプロジェクトだが、開催費用の増加が目立つことなどから、「負担を関係のない地方に押しつけるのか」などの声も上がっている。思わぬ反応に、東京五輪を林業の成長産業化に向けた転機にしようとする林野庁にも困惑が広がっている。

 公募した木材が使用されるのは選手村の交流施設「ビレッジプラザ」。各国・地域の選手団が利用する飲食店やメディアセンターなどが設置される。敷地面積は1.3ヘクタールで、延べ床面積は約6000平方メートルの木造平屋建ての建物だ。調達する木材は約2000立方メートルと新国立競技場で使用されるのと同等の量となる。平成25年度に国が整備した公共建築物の木材使用量の3割に相当する。

<以下省略>

※引用元:

【経済インサイド】東京五輪で地方が木材“供出” 「戦時中と同じだ」「都民ファーストか」ネット上に反発 林野庁は困惑

http://www.sankei.com/premium/news/170824/prm1708240004-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 一応、木材屋の息子ですが、木材はタダではありません。自治体が買い上げるので林業者や木材会社には対価が支払われるので、そこは問題ない。でも、産地の自治体に負担させるのは問題。林業や木材で栄えた自治体...
  • 今更ネット民は批判しているのかよ。東京五輪が決まった時点でこうなるのは想定できたし、東京五輪によって東日本大震災の復興が妨げられることも想定できた。批判するの遅すぎ!
  • いや、間伐しないで放置されてる荒れた山が沢山あるから、むしろこの試みは、日本の山の散髪(整理)になるのでは?
  • 何をやろうと文句言うヤツは出てくる。胸を張って意図を案内しろ。できないなら何やっても同じ。批判ぶっ飛ばす覚悟と実行力が必要
  • オリンピックだから木材をタダで寄越せ、というんだが、あの膨大な予算はどこに消えたのか? 政治家と役人が中抜きでみんな吸っちゃうから、現場には一銭も残らないw オマエラ下級国民はタダ働きw
  • 輸送費から何からすべて国と都が持てばここまでの不満にはならない。それと九州の被災流木の撤去もふくめて使ってあげたら?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: