ホーム

記事一覧

RSS

藤井四段が棋王戦敗退 中学生でタイトル獲得ならず


 公式戦29連勝の新記録をつくった将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が24日、大阪市福島区の関西将棋会館であった棋王戦挑戦者決定トーナメントで豊島将之八段(27)に敗れた。棋王戦での敗退が決まり、藤井四段が中学生のうちにタイトルを獲得する可能性はなくなった。通算成績は38勝4敗になった。

 中学3年の藤井四段が今年度中にタイトルを獲得する可能性があったのは3棋戦。これまでに竜王戦と王将戦で敗退し、唯一残っていたのが棋王戦だった。挑戦者決定トーナメントで優勝すれば、今年度末に予定される五番勝負で渡辺明棋王(33)に挑戦できたが、この日、豊島八段の的確な指し回しに屈した。

 終局後、藤井四段は「はっきり力負け。実力の差、壁の高さを感じた。まだまだタイトルには実力不足。これから一歩一歩強くなっていきたい」と話した。

<以下省略>

※引用元:

藤井四段が棋王戦敗退 中学生でタイトル獲得ならず:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK8S5VYMK8SPTFC00Y.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 次の対局は9月2日。加古川青流戦の準々決勝で前回優勝の井出隼平(じゅんぺい)四段(26)と戦う。
  • お昼休みとさっき、棋譜の再現をしたけど、豊島さんがかなり本気で勝ちに来たんだなあというのが第一印象。藤井さんもここまで死力を尽くされるのは今後に生きるのでは?
  • ま、相手が豊島八段。A級で現時点のレーティング1位。名実ともにトップ棋士 しかも、岡崎まつりの非公式戦の時と違って、対局中は鬼の表情だった。
  • 中学生てタイトル獲得ならずって、相手8段やんけ。将棋は全く分からんが、相当実力が上の相手と言うことだけは分かる。暖かく見守ってやれよ。
  • 豊島将之八段もコンピューター将棋で手筋を勉強する現代っ子だろ。カラーがかぶる。A級はやはり層が厚い。/
  • 序盤・中盤・終盤と隙がない豊島八段に善戦したのですから、それだけでも十分にすごいことですよ、ええ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: