ホーム

記事一覧

RSS

「朝までカラオケ」が減った シダックス深夜営業短縮へ

 カラオケ大手のシダックスが深夜の営業時間を短くする。深夜の稼働率が低迷していることに加え、人手不足で深夜の人件費が上がっているためだ。

 シダックスは現在、カラオケ店を全国で約190店運営している。通常午前5時の閉店時間を原則として午前2時に繰り上げ、営業を3時間短くする。いつから深夜営業を短くするかは今後検討する。

 「サラリーマンらが飲み会後の2次会に『カラオケで朝まで』という人が少なくなった」(広報)一方で、昼のランチ付きのカラオケルーム利用は好調といい、人材などの経営資源を昼の営業に振り向ける。深夜に働くアルバイト従業員を減らす狙いもある。

 7月のランチ利用は前年同月比5割増。高齢者や子育て中の人のグループ利用が多いという。同社広報は「昼のランチ営業で業績を伸ばせるめどが付いたので、深夜営業の短縮に踏み切ることにした」と話す。(久保智)

※引用元:

「朝までカラオケ」が減った シダックス深夜営業短縮へ:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK8T53TDK8TULFA01D.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 私たちも減りましたね。ほぼ毎回朝までだったのがなんとなく、行く日は早めに始めて電車で帰ろうかという空気になりました。
  • 始発まで全体の盛り上がりを維持するパーフォマンスができる人材があんまりいないから、だいたい3時過ぎるとグダグダになるしな。
  • 時間に対する価値観が上がって、効率的な時間の使い方をするようになったのかも。睡眠の重要性も認知が広まってるし。
  • 朝まで、カラオケで金使うより、家で寝たい。金も無けりゃ、休息時間もないから、娯楽に使えない。そういうことだと思う。
  • 減るのは当然の流れだと思うし、朝まで~の効率の悪さも理解できる。けど、学生の時の朝までカラオケ、楽しかったなあ
  • そこまで長居する理由も現在ではほぼ皆無だし、カラオケ店そのものが飽きられてるともいえる 個人的にはネカフェと統合すればいいんじゃないかと思ってるけど?
  • 学生時代でも2時~3時が限界やったのに5時までカラオケし続ける人たち尊敬します。(熊本方面に目をそむけながら)


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: