ホーム

記事一覧

RSS

高速道での路肩停車、専門家「危険」 相次ぐ事故


 高速道路などの路肩に停車中の車に後続車が追突する事故は多く起きている。昨年10月には、愛知県岡崎市の新東名高速で、故障で路肩に停車中のバスにトラックが追突。車外にいたバスの運転手2人が死亡し、乗客6人がけがをした。

 NEXCO西日本のホームページによると、高速道路で事故や故障が発生した場合は、追突事故防止のためにハザードランプに加え、発炎筒や停止表示板での合図が欠かせない。運転者・同乗者ともガードレールの外など安全な場所への避難が必要で、車内や車の前後での待機は「追突の恐れがある」と注意を促す。

 交通評論家の矢橋昇さん(81)は、疲れなどで運転手がぼんやりしていると、目についたものに無意識にハンドルを切り、吸い寄せられるようにぶつかってしまうケースがあると警鐘を鳴らす。「路肩にとめて電話などをするのも危ない」と言う。(一色涼)

※引用元:

高速道での路肩停車、専門家「危険」 相次ぐ事故:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK8V2SDJK8VPTIL003.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • トラブルや事故により停車せざるを得ない場合の車両防護措置は重要であり、すでに鉄道業界で徹底されている。 事故が起きた後の処罰よりも、事故防止に重点をおくべき。
  • 役に立たない専門家だな。追い越し車線でトラブル停止の時はどうするかとか、高速でも車間を詰めて走る人が多いこと等、どう指導するの?:
  • 以前、2回ほど、タイヤのバーストで、やむをえなく、路肩に停車経験があります。三角版は必須ですよね。 道路公団の人にコーンを借りました。
  • ほんとこれ多いから気をつけて。大学生のころ、お世話になったかたがこれが原因で亡くなられてからすごい気にするようになった。
  • 三角停止板を持っておらず、発煙筒も使用しないドライバーや会社には忖度して、トラックだけを悪者に仕立て上げる反日左翼メディア!。
  • 「危険」だなんて、バカでも判るんだよっ! 問題はイヤでもそえせざるを得ない場合に退避場所が無い言葉なんだよ! それより路肩走行をどうにかしろ


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: