ホーム

記事一覧

RSS

進む有力大学の“東京ローカル化”、早慶は70%台に

 東京23区の大学の学生定員や学部の新増設を規制する方針を政府が打ち出した。東京一極集中の是正と地方の活性化が狙いだというが、効果は疑わしい。むしろ日本の大学の国際競争力を弱める危険性がある。

 実は地方から東京への進学は減少している。文部科学省の統計では、都内の大学に入学した東京圏(埼玉、千葉、神奈川含む)以外の学生は、2002年が4万5527人で36・4%を占めた。しかし16年は4万2998人で29・7%に減った。

 全国型といわれた有力大学の“東京ローカル化”も進む。東京圏出身の1986年と2016年の合格者割合は、早稲田が約52%が約74%に、慶応は約56%が約73%に急増した。東大も約47%が約55%に増えた。

 地方出身者が激減したのは、経済的な側面が大きい。この30年間で私立、国立とも学費が高騰し、都会での一人暮らしはハードルが高くなった。少子化により地元進学を望む保護者が増えたのも一因だろう。

<以下省略>

※引用元:

進む有力大学の“東京ローカル化”、早慶は70%台に

http://newswitch.jp/p/10177


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 東京単位では良いのかもしれないけど、国家単位では画一化は弱体化の流れ。大企業病のような都市ローカルが流行り、内輪で経済を回し始める。
  • 問題の論点がずれてんじゃない。変に首都圏に大学が集中する方が、学術的にもおかしいのでさ。学術と企業は先ず、別な。
  • しょうがないかな、とも思うけど、地方在住者にとって、東京で一定期間を過ごす機会を得るとしたら学生時代が良いとも思える。
  • 結局地方だと大卒の就職先が少ないので、戻りたくても戻れないのです。高学歴だとバイトすらできないよ(特に女子、自分の経験から)/進む有力大学の“東京ローカル化”、早慶は70%台に
  • だから大学の定員絞っても意味ない。大企業の本社機能などを地方に移転促進させよ。東京本社税も良い。
  • 寮とかもっと充実するといいんだけどな。僕も寮があったから親への負担を軽減できた。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: