ホーム

記事一覧

RSS

パワハラに罰則含め法規制 政府検討 対象の線引きに課題


 職場におけるいじめや嫌がらせなどのパワーハラスメント(パワハラ)に対し、政府が罰則を含めた法規制の検討に着手したことが26日、分かった。パワハラを原因とする「心の病」が増えており、最悪の場合には自殺に至る恐れもあることから、労働者側から規制導入の声があった。ただ、どのような行為が規制対象になるかは線引きが難しく、導入に向けて紆余(うよ)曲折が予想される。

 厚生労働省によると、パワハラは労働者の生産性や意欲の低下を招き、個人にとっても会社側にも「大きな損失」と認識。これまでも対策マニュアルを作成したり、ポスターの掲示やセミナーの開催などで啓発に努めてきた。

 しかし、パワハラの悩みは年々、深刻化している。都道府県の労働局に寄せられたパワハラ相談は平成14年度に6600件ほどだったが、21年度に3万5759件、28年度は7万917件と、認知度の高まりとともに急増。28年度に精神疾患にかかり労災認定された498件のうち、原因で最も多かったのが「嫌がらせやいじめ、暴行」(74件)だった。

<以下省略>

※引用元:

パワハラに罰則含め法規制、政府検討 どこまで対象?職場に監視カメラ?…線引きに課題

http://www.sankei.com/affairs/news/170827/afr1708270007-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • ハラスメント、暴行傷害みたいな極端なケースは法的な介入が必要だろうけど、人間関係の拗れみたいなケースにまで一方的に法を持ち出すのは如何なものか??
  • そもそもナゼ「パワハラ」が存在するのかをよく考えたらどうか。こんなの制度化してお互いに首を絞め合うなんて不毛だね。 さっさと雇用や解雇を自由にしたら良いだけ。
  • 27年末に過労自殺した電通の新入社員高橋まつりさんも、「君の残業時間は無駄だ」などと上司のパワハラをうかがわせるメッセージを残していた。-
  • 人事課長からパワハラ、会社ぐるみで隠ぺいされたら、社員は怒りを誰に、どのように行動すれば良いんだ。 とうとう、労災申請したが、会社は押印拒否だ。 労基署調査開始
  • 罰則もけっこうだが、解雇規制を撤廃し、解雇の自由と離職の自由を認め、雇用を流動化させ、何度でも再チャレンジできる社会にすることです。
  • ついに、ってかんじです。 これまで辞めた職場ほとんどパワハラだったので、やっとかーって思い。 結局無能ばかりが出世するその根底にあるのは、パワハラをも是とする未成熟な会社であり、法だ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: