ホーム

記事一覧

RSS

タバコ吸わない社員に「有休」増やす ユニーク制度企業に効果を聞いてみると...


「タバコを吸わない人」に有給休暇を増やす――ある企業の社内制度が注目されている。

インターネット上では「面白いアイデアだ」と肯定的な声がある一方、「勤務時間全て禁煙にすればいい」として、「有休付与」という手法に疑問を示す声もある。どのような考えでこの制度をつくったのか。

喫煙者と非喫煙者の「業務時間の差」

この制度の名前は「スモ休」。非喫煙者に年間6日の有給休暇が与えられる。導入するのはウェブマーケティングを手がけるピアラ(本社・東京都渋谷区)。同社サイトの2017年8月の発表によると、勤務時間内外を含む非喫煙者で、かつ6か月以上勤務している正社員に対し、従来の有休に加えて1年あたり6日増える。9月1日から実施するという。

きっかけは社内に設けている「目安箱」。匿名で社長に訴えることができ、そこに「喫煙者は通常の休憩時間以外にも1日数回業務を離れることがあり、非喫煙者との間に生じる業務時間の差は問題ではないか」との意見が寄せられた。これにもとづき、不平等感解消に加え、健康増進のためにも、「スモ休」を制度化した。

<以下省略>

※引用元:

タバコ吸わない社員に「有休」増やす ユニーク制度企業に効果を聞いてみると...|ニフティニュース

https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12144-306943/


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • コレは斬新な発想をするホワイト企業。もっと評価されるべき。ニコチン補給という名の定期休憩かあるのはズルいもんな。5年の喫煙歴がある元喫煙者でもそう思う。
  • 喫煙者は本当に時間の無駄が多い。一緒に出掛ける際も必ず喫煙所の側で数回待たされる。電車を数本見送ることも度々。故に最近は喫煙者とは遊ばない。
  • 喫煙所での会話から他部門の人とコミュニケーションが生まれ仕事が広がるケースは多い。よってタバコを目の敵にしない方がよい。私は吸いませんが、喫煙には肯定的です。
  • 喫煙者は雇わない。口も服も臭いし、歯も悪い。 お客さんの前に出せないし、代替財はいくらでもいる。
  • この企業会社の有休取得率は100%なのかな。IT業界は低いのに真似てカッコ付けが多くなったり。〆
  • あー!休憩時間の不平等感は、会社員時代に感じてた。あと最近は「ここは禁煙だけどiQosならOK」ってのが理解できない。どっちも結局煙草やん。
  • 記事詳細|Infoseekニュース いいことだ。 だってタバコ吸う奴は何か一区切り付いたらタバコ吸いに行くもん。吸ってない奴より働いてない。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: