ホーム

記事一覧

RSS

埼玉少女誘拐 「森の妖精です…今なら増量です」寺内樺風被告が奇声、判決公判休廷


 埼玉県朝霞市の少女(16)が昨年3月、約2年ぶりに保護された誘拐事件で、未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われた寺内樺風(かぶ)被告(25)=千葉大を休学扱い=の判決公判が29日、さいたま地裁で開かれたが、被告が奇声を上げるなどしたため、松原里美裁判長は開廷直後に休廷を宣言し、その後、延期が決まった。

 寺内被告は奇声を上げながら入廷。「私はオオタニケンジでございます」と話して被告席に着いた。

 裁判長が前に出るよう促すと「私ですか?」と問い、生年月日を聞かれると「16歳」などと実際と違う生年月日と年齢を言った。本籍も「和歌山県那智の滝」と虚偽の場所を答えた。

 さらに「私は日本語が分からない」と話したため、裁判長が「私の質問は分かりますか」と質問。寺内被告は再び「私はオオタニケンジでございます」と話した。

<以下省略>

※引用元:

【埼玉少女誘拐】「職業は森の妖精」「今なら、からあげクン増量」 寺内樺風被告が奇声上げ判決公判休廷→延期

http://www.sankei.com/affairs/news/170829/afr1708290017-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 精神異常を演じて減刑や無罪を狙うのは、あの東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤も行ったことです。彼の場合は「ネズミ人間が現れた」でしたが。
  • |狂言であることも含め、きちんと調べる必要アリ。減刑を狙ってたとしたら、さらに、罪が重くなるんだがな…。助けを期待できる組織でもあるのかね?
  • 森の妖精がこんなに気色悪いものだとは知りませんでした。 給与体系とか勤務形態・仕事内容について詳しく聞きたいものです。
  • 監禁する意思があって監禁したのだから当然責任能力はあります。法廷でのこういう人を馬鹿にした行為によって罪は重く出来ないものだろうか。
  • わざとらしい演技だね。これで無罪になるなら日本の司法も精神医学も終わってるね。即決で死刑判決すればいいのにさ
  • 相模やまゆり園の大量掠殺事件の在日も、犯行前に精神病患者を装って通院していた。
  • こいつの報道が出る度に驚かされるが、まだ大学を退学処分になっていない事に一番驚いた。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: