ホーム

記事一覧

RSS

「もう動けん」自殺の娘、眼鏡に涙の跡 嘱託職員の遺族


 在職中にうつ病を発症し、27歳で自ら命を絶った北九州市元嘱託職員の両親が29日、うつ病は業務が原因と考えられ、公務災害(労災)にあたるとして遺族への補償などを市に求める訴えを福岡地裁に起こした。常勤職員なら認められる労災補償の請求権を非常勤には認めていない同市の条例により、違法に請求を阻まれたと主張している。

     ◇

 「娘は非常勤職員であったがゆえに、労災請求を受け付けてもらえなかった。非常勤の方が苦しむことのないよう、労災補償の制度を改善してください」

 提訴後、記者会見に臨んだ森下佳奈さんの母親、眞由美さん(55)はそう声を絞り出し、「娘も『自分の死を無駄にしないで。同じような人がいたら助けてあげて』と思っているような気がする」とつぶやいた。

<以下省略>

※引用元:

「もう動けん」自殺の娘、眼鏡に涙の跡 嘱託職員の遺族:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK8Y4V9KK8YPTIL011.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • どんなに心理学を学んでメンタルヘルスについて詳しくても、環境次第では潰れるからな。しんどくてたまらん心理士の皆さんは早めに休んで!!
  • 毎回こういうのを見るたびに思うのだけど、辛くなったら相談する先に家族が居なかったのかね。またこういう事を言うと炎上の種になりかねんけど、ほんと、不思議なんだわ。
  • もし、自分が末期のガンとかで、まだ身体動く状態だったら、仇をとってやりたいね。 天誅をくだすんだよ。クソ人間に。
  • パワハラは問題だけど、勤務条件とかが守られていたのかどううか。問題なしなら、これで裁判になるのも問題。人の採用なんてできない。
  • コレはどう見ても、どう考えても市が悪い。毎日叱責、問い詰める。 他にやる事あるでしょ?何故職員と一緒に解決策を考えなかったんだ。
  • 何故「非常勤には労災がない」のか、そこから突っ込んだ方がいいね。「勤務時間が短い」「職責が軽い」なら、誰がどのように「客観的に」管理していたのかね? ---
  • パワハラとかいじめとかの被害者は加害者にどんな報復しても構わないと法的に保証しないともうダメかな。法治国家の尊厳を捨ててでも


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: