ホーム

記事一覧

RSS

<都議会>都民ファーストが初質問 知事持ち上げに終始


 東京都の小池百合子知事が特別顧問を務める「都民ファーストの会」が都議会第1党に躍進してから初めての「論戦」が30日、都議会臨時会で始まった。都民ファーストは知事の施策を持ち上げる発言に終始。第1党が行政をチェックできるのか不透明なスタートとなった。

 冒頭で質問に立った都民ファーストの木村基成氏は「私たちは知事が進める『東京大改革』を掲げ55人が当選した。都民の期待は東京大改革の実現」と述べ、知事と一体となって都政を進める姿勢を強調。「(小池知事の政策を)高く評価する」を連発し、第1党から陥落した自民から「質問しろよ」とヤジが飛んだ。

 自民は小池知事が都議選直前に示した「豊洲移転・築地再開発」の基本方針を問題視し、早坂義弘氏が「(知事は)『さまざまな意見を参考にした』と述べたが、どなたの意見か」と質問。小池知事が「(聞いた意見の数は)あまりに多過ぎてこの場でお答えするには時間が足りない」と答弁すると議場は騒然となり、議論はかみ合わなかった。【円谷美晶、森健太郎】

※引用元:

都議会:都民ファーストが初質問 知事持ち上げに終始 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170831/k00/00m/010/096000c


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 国会といい都議会といい首長が応援団に囲まれ凡そ大事な機能を発揮出来ない。民主主義も阿保な選挙民と其れを誘導する権力ベッタリのマスコミで歪められ、全く機能しなくなった。 衆愚政治の極みか?
  • 都ファ&公明がイエスマンに成る事は都議選の圧勝から、支持した多数の有権者の期待通り、予想通り。 それら以外の都議会議員の皆さんの二元代表制としての本質が問われますね。
  • こうなることは火を見るよりも明らかだったんだけどね。 ものも言わず、ただひたすら小池追従。国政と同じことが起きる。次は都職員の人事を掌握して一丁あがり。
  • ボロが出ないように緘口令を強いたことや、今回の議会の様子を見るに、どうも政党のリーダーとしては、重荷のような感じがしますね。
  • 「問答無用」と言っているように見えた。大政翼賛会を率いた小池一驚一強一凶政治と見えた。驕る小池も久しからず
  • よく言いますねぇ、自民党の寄り合い都政よりは余程ましってもの。もっと具体立ち入った上げ足とりの方がまし!?
  • 政策能力のない知事と無能な都議ばかりで、これからの東京は大変だなぁ。 多くの都民が1日も早く、マスコミのインチキ報道から目覚める事を願っております。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: