ホーム

記事一覧

RSS

旧国鉄時代からの「大阪の象徴」10月で引退へ


 旧国鉄時代からJR大阪環状線の象徴として、角張ったオレンジ色の車体で親しまれた通勤用車両「103系」が、10月で同線から姿を消すことになった。

 老朽化に伴う車両更新のためで、ファンからは引退を惜しむ声が上がりそうだ。

 103系は、先頭車両の正面に平面ガラス3枚を使った簡素なデザインが特徴で、駅間が短い都市部の通勤用電車として開発された。東京・山手線で1963年、大阪環状線では69年に導入され、車体に使われたオレンジ色は環状線のシンボルカラーにもなった。同一車両としては国内最多の約3500両が製造され、全国の主要路線で利用が進んだ。

 ところが20~30年とされる車両の更新時期に合わせ、山手線では88年、首都圏全体でも2006年までに全てが引退。JR西は補修を重ねて使用を続けたが振動や消費電力が大きく、16年度から、7編成(56両)あった車両について、出入り口付近のスペースが広く、バリアフリー対応なども充実した新型車両「323系」への入れ替えを始めた。現在は大阪城や通天閣が描かれたラッピング列車と、車体がオレンジ色の2編成(各8両)が残るだけ。10月以降は阪和線や大和路線、JR九州管内の筑肥線など全国で約50編成(約180両)となる。

<以下省略>

※引用元:

旧国鉄時代からの「大阪の象徴」10月で引退へ

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170831-OYT1T50004.html


管理人の反応

(;つД`) アウ


ネットの反応

  • 「大阪の象徴(と記者は思う)」との注釈が必要な、個人の偏向記事ですけど、環状線内は、いまやいろんな車両が走るので気になりませんし、昔から車両変わらないね程度です。 読売新聞-ヤフー:
  • 阪堺161系なんて、住吉交差から神ノ木に登るときは車内に詰まった姦しい女学生が沈黙を以て応援する力行っぷり。
  • 鉄な末っ子。小さい頃おかーさんのすきな103系やでと教えてくれてた。オレンジの環状線青の阪和線若草色の大和路線が揃う天王寺駅に見に行ってたのを思い出す。寂しいな。
  • 環状線は何気に新車に恵まれないな。悪名高い広島地区は絶賛テコ入れ中だし。最後まで残るのは加古川線あたりだろうか。
  • へーっ。90年代の時点で総武線各駅停車とか青梅線武蔵野線みたいなとこでしか見ないレトロ車両だったが、そういや城ホール行くとき大阪環状はまだ走ってたね。
  • 僕はまだ若いですが、「大阪環状線」といえば103系なので、寂しいです。新今宮~大阪~新大阪のルートでよくお世話になりましたねえ。
  • ついに引退が正式に発表されました。 もの心ついた頃から走っていた車両だけに、思い入れはあります。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: