ホーム

記事一覧

RSS

「絶対に死なないで」 自殺多い9月1日、著名人ら訴え


 夏休み明けで学校が始まり、いじめや友人とのトラブルなどに悩む18歳以下の自殺が多くなるとされる「9月1日」。子どもたちに「死なないで」などと呼びかける団体や著名人のメッセージが、8月31日から9月1日にかけて、ネット上で広がった。

 8月30日から、夏休み明けの「駆け込み居場所」を開いたフリースクール「東京シューレ」(東京都)は1日午前1時前、ツイッターで「〈このまま夏休みだったらいいのにな、学校のことを考えるとつらくなってしまうあなたへ〉学校はつらいけど、行かないのも不安になる。どうしたらいいのかわからない気持ちを教えて下さい」と呼びかけた。

 昨夏は「学校に行くことは義務じゃない」という動画を動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップ。今夏は、動画製作にかかわった仲間たちの言葉を改めて発信した。「学校へ行かないという選択をしている、または考えているあなたはおかしくない。なぜなら学校に行くことは義務じゃないから」などとしている。

<以下省略>

※引用元:

「絶対に死なないで」 自殺多い9月1日、著名人ら訴え:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK91324LK91UTIL007.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 全ての学校は一学期終わりの職員会議を『各クラスいじめっ子選抜会議』にして二学期にその選抜者を一纏めにしたクラスをこしらえたらいい。
  • 大人になれば働かなくても自由。人に会っても会わなくても自由。ネット見ながら競馬やって生きれば良いだけ。1年中どこかで馬は走ってる。
  • 自殺が伝染するのは、つらい→自殺→気の毒、という因果系列の情報として伝わる為だ。この思考には自己自身の「死」の底なしの不安という要素が完全に抜け落ちている。
  • 今朝 小田急線で人身事故、小田急線ユーザーの人は遅れて出社だった。事故の人が学生かどうかは分からないけど、この日を選んだのかな💧
  • 無理を押してでも学校へ行くべきだとする雰囲気そのものが間違っている。逃げるべき時に逃げても何も恥ずかしくはないし、寧ろ必要な選択。躊躇わずに全力で逃げよう。
  • 死のうが生きようがそいつの勝手。死んだ後身内の悲しみを考えても死にたいなら死ねばいい 死ぬ奴らは普通の人間にはわからない苦しみを持ってるんだよ。電車は止めるな
  • と問われた子どもの心に響く答えは出せる? 「いじめ」を想定し過ぎている感あり。もっと複合的だ。→


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: