ホーム

記事一覧

RSS

<政府>公務員定年65歳に延長 段階的に 来秋にも法案


 政府は、国家公務員と地方公務員の定年を現行の60歳から段階的に65歳まで引き上げる検討に入った。少子高齢化で生産年齢人口の減少が見込まれる中、労働力確保を図る。早ければ来年秋の臨時国会に関連法案を提出する方針だ。

 政府は6月、内閣人事局や総務、財務両省などの局長級による関係省庁連絡会議を設置し、定年の引き上げ幅などを議論している。菅義偉官房長官は1日の記者会見で「労働人口を確保しつつ、社会全体の活力を維持するために幅広い検討を進める」と述べた。

 最終的に65歳までの定年延長を視野に入れるのは、公務員の年金受給開始が2025年度までに65歳に引き上げられるためだ。定年と受給開始年齢を合わせることで、収入の「空白期間」が生じるのを防ぐ。

 ただ、定年延長は総人件費の拡大につながる可能性がある。政府は60歳以降に役職定年制を導入するなど、給与水準を抑制する方策をあわせて探る。

<以下省略>

※引用元:

政府:公務員定年65歳に延長 段階的に 来秋にも法案 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170902/k00/00m/010/131000c


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • そして周辺第三セクターなどへの再雇用は再雇用でやるから、行政サービスの現場には70くらいのやる気なくて態度も悪い爺婆がゴロゴロいることになるね。
  • ~働く国民は皆平等が原則!でも、個人<法人<公共団体<公務員<議員…異なる年金制度、所得格差がある現実?~
  • こうして若者の給料は減り、今よりも貯蓄ができなくなるので、さらに老後が苦しくなる悪循環が始まるのであった。 さすがだぜ!
  • 公務員になりたい若者は山ほどいるから人手不足にはならんやろ むしろ60過ぎた公務員は65まで介護職をやる制度にしたらどうやろう? そちらは人手不足なんやし
  • アベノミクスの成果として、有効求人倍率の改善を必ず言うが、生産年齢人口が減少している事を成果と言うのも大概にしろと言いたい。
  • 公務員はやはり待遇がいい?少子高齢化で労働人口が減り税金で引退者を支えその年金支給年齢もあがりどうなる?
  • ここでも民間との差です。いかに公務員が優遇を手前味噌か!年金受給時期に合わせてね。民間は空白だらけ!ペタ


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: