ホーム

記事一覧

RSS

麻生副総理、講演で差別表現 指摘に「不適切でした」


 麻生太郎副総理は2日、10月の衆院愛媛3区補選の応援で訪れた愛媛県西条市での講演で、祭りの参加者を「きちがいみたいな人ばかりだ」と述べ、精神障害者を差別する表現を使った。補選は祭りと時期が重なり、麻生氏は「ここのお祭り大変だ。そういった時に選挙なんてやれる。選挙を一生懸命やっている人はお祭りを一生懸命やっている人。俺のとこ(の選挙区の祭り)は7月14日だけど、この時になったら、ほとんどきちがいみたいな人ばっかりだ」と語った。

 麻生氏は講演後、記者団から指摘され、「不適切でした」と述べた。

 麻生氏は先月29日、横浜市で開いた自らの派閥の研修で「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」と問題発言。翌日、不適切だったとして撤回したばかりだった。

※引用元:

麻生副総理、講演で差別表現 指摘に「不適切でした」:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK927K5PK92UTFK00Z.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 「キチ〇イ」なんて昔はアニメやテレビ番組で普通に使われてるし、場合によっては褒め言葉にもなる。 まあ、あしたのジョーのリベラのシーンが有名か。
  • こんなことで謝るなんて麻生氏は何が悪いのかわかってない。ナチスを政権奪取の成功者と見てその方法を学ぼうとするのがそもそも市民をだまくらかそうとしている証拠。
  • ちょっとした言い間違いで、朝日の記者だって、身内・新聞社内では言っているんだろう。それを大げさに書く必要があるのかね。麻生さんは以後気を付けていただきたいもんだ。しかし皆さん気が狂うこともある
  • 全くわからん。小学生レベルの揚げ足取りにイライラするしあまりに記事内容のレベルが低過ぎて悲しくなる。
  • この人の舌禍は今に始まったことではない。政治家として適任とは思わないが、言葉尻を捉えて揚げ足取りのようなマスコミにもうんざりだわ。
  • またかw。確かに年配の方は普段使いしていた言葉が、知らないところで不適切な言葉扱いになっていることを知らずにってこともあるけれど。→
  • 熱狂的な祭り参加者は確かにそうだと思うけど、熱狂的な祭り参加者と同列にして欲しくない精神疾患の患者もいるだろうなと思う。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: