ホーム

記事一覧

RSS

名鉄観光バス運転手、飲酒検知すり抜け 中学生ツアー中


 名鉄観光バス(本社・名古屋市熱田区)は4日、刈谷営業所(愛知県刈谷市)の男性運転手(49)がバスツアーの宿泊先で飲酒したうえ、同僚を身代わりにしてアルコール検知をすり抜け、運転していたと発表した。宿泊先では社の内規に違反して、運転手計10人が飲酒。社内で調べたところ、他に十数人の運転手が過去に出先で飲酒していたことを認めたという。

 同社によると、ツアーは8月14~16日、愛知、岐阜両県の中学生と引率者約4千人が参加。バス106台に分乗し、長野県の志賀高原で勉強合宿を開いた。運転手106人が乗務した。

 49歳の運転手は15日夜に宿泊先ホテルの一室で同僚8人と酒を飲み、自身は500ミリリットル缶のビールを3、4本飲んだ。16日午前6時すぎに携帯型検知器で検査すると微量のアルコールを検出。このため一緒に飲んだ同僚に頼んで通信式の検知器に息を吹き込ませ、異常のない呼気データを営業所に送ったという。

<以下省略>

※引用元:

名鉄観光バス運転手、飲酒検知すり抜け 中学生ツアー中:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK9456FSK94OIPE01W.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • もうさ、二種免許の取得条件に1週間程度断酒合宿させて様子を見るような試験を導入してもいいよ。できれば日常的に飲酒をする人は、欠格にしてもいい。無料送迎などの運転手も同様だな。
  • 「せこい、愛知県民らしい。こういう従業員を雇用し従業員管理が出来ない企業は市場から退場してほしい。また、運転士不足だからといって、そのまま雇用しないでほしい。」
  • 内部告白だな! 給料安いし!休みないし!泊まりばからだし! 最悪な会社らしいぞ なんせ名古屋鉄道より給料を高く払う事ができない⁉️
  • ヤエドラでも全インストラクター出勤時には必ずアルコールチェックをしてから業務に就きますが、 遠方になると身代わりできる裏技があるのですね。
  • 中学生ツアー中(朝日新聞デジタル)意識が低過ぎる職業運転手 飲酒運転歴または発覚したら勤務出来ない法律を作るしか無い。
  • ちょっとしたことのように考えるけど、会社の体質と叩かれる。結局、会社が最大限注意しなければならない。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: