ホーム

記事一覧

RSS

ヤマト、荷物8千万個削減の計画撤回 値上げでも減らず

 宅配便最大手のヤマト運輸が、2017年度に扱う荷物量を前年度より約8千万個減らす計画を撤回したことが分かった。大口の法人客などと荷物量の抑制を交渉し、疲弊する宅配現場の労働環境の改善につなげる方針だったが、当初計画を見直して削減幅を3600万個に下方修正した。想定以上に法人客が値上げを受け入れて取引を継続するためとしている。

 当初計画では、荷物量を16年度の18億6700万個から17億8500万個に減らす目標を掲げたが、この目標を18億3100万個に修正した。値上げを嫌って他社に流れる顧客が思ったほど出ず、計画の修正を余儀なくされた形だ。

 ヤマトが6日発表した8月の荷物量は1億5027万個。前年同月を2・6%上回り、8月として過去最多だった。前年同月を上回るのは2年5カ月連続で、インターネット通販の荷物量の増加が続いている。17年度に入ってからの累計の荷物量も4・2%増となっている。

<以下省略>

※引用元:

ヤマト、荷物8千万個削減の計画撤回 値上げでも減らず:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK965HHPK96ULFA01F.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 自分が安い賃金で雇おうとするからでしょ。時給五百円あげてみれば。 あと、経費削減で自転車使わせたのも、寒暖手当どれだけだした?エコの目的で浮いた分出せるでしょ?
  • そもそもおかしな話。。。需要があるのにそれをさばけないという現象。。。だが裏を返せば運送業=伝統的893ビジネス=組合つぶし(一例)。。。芸能界と同じ構造w
  • クロネコヤマトの役員連中は頭の中空っぽの大馬鹿野郎しかいない!(=`_´=) 商品を売ってナンボの大口の物流が減るわけ無いだろ!
  • アマゾンなどの件で下手に別業者に変更してサービスが低下するより値上げしても現行の方がリスクが低いと見られた、という経緯もあるかもなぁ。
  • 大口取引先の運賃を、どーんと値上げすればいい。 店頭で買うより通販の方が安い状態だから、宅配便は忙しい訳で。 適正価格まで引き上げるのが妥当。
  • 「荷物がおおすぎて、、、」とは何と情けないことか。 しっかりせえよ。あの、人材のクオリティの悪い、広大なアメリカで、FEDEX、UPSなどは30年以上も前から翌朝配達をしている。
  • サービスが「良すぎる」ので、少々値上げしても顧客は離れていかない。この際時間指定も再配達も見直して、出来ないものはいくら貰っても出来ないとはっきり言うべき。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: