ホーム

記事一覧

RSS

スバル、ディーゼル車撤退。20年度めどに生産・販売終了


SUBARU(スバル)は2020年度をめどにディーゼルエンジン車の生産と販売から撤退する方針を固めた。欧州など世界各国で厳格化される環境規制には、新型のガソリンエンジン搭載車や電動車両の投入で対応する。ディーゼルエンジンに必要な新技術の開発費などを考慮し、開発資源を電動化技術など次世代分野に振り向ける。

スバルは現在、欧州と豪州で「アウトバック」「フォレスター」などに排気量2000ccの水平対向ディーゼルエンジンを搭載している。16年の世界販売に占めるディーゼルエンジン車の販売台数は約1万5500台で、全体の約1・5%に当たる。ディーゼル車販売の大半を占める欧州では今後、新型ガソリン車や電気自動車(EV)などの投入を積極化して販売を伸ばす。

英国とフランスはガソリン車とディーゼル車の国内販売を40年までに禁止する方針を表明。インドは30年までに国内で販売されるすべての自動車をEVのみとする政策を打ち出した。

<以下省略>

※引用元:

スバル、ディーゼル車撤退 20年度めど生産・販売終了

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00442301


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • スバルのように小回りの利く会社は、開発資源をどこに集中させるか慎重な舵取りが求められるはず。 惜しまれると思うけど、英断だと信じています。 これからも良い物を造ってください。
  • ディーゼルなんて世界中で大気汚染の元凶になっているオワコン。撤退は当然。自動車評論家がヨイショするものは皆ダメなんだってはっきりわかんだね。
  • ドイツ車で発覚した不正問題や、スバルそのものの企業体力を考えれば、欧州市場に投入しているEE20型ボクサーディーゼルエンジンの生産を終了させる事は、真っ当な経営判断だな!
  • ヨーロッパがガソリン車とディーゼル車の廃止を表明している以上、現時点で他社との競合力で劣るスバルのディーゼルは、いさぎよく撤退するのが正しい判断ですね。
  • EVにシフト、その電力はどう賄う?イギリス、フランスと国名が挙がっているけど、まさか原子力じゃ?
  • ボクサーディーゼル,イベントでちょこっと乗せてもらったけど低速でも体感できる鬼トルクとレガシィから聞こえるディーゼルノックのミスマッチ感が印象に残ってる
  • まぁ、ディーゼルと水平対向て良さ消し合ってる感はある。 。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: