ホーム

記事一覧

RSS

京都駅ビル20年、増す集客力 エリアに商業施設続々

 京都最大のターミナルや百貨店、ホテルを擁する京都駅ビル(京都市下京区)が、11日に開業20年を迎える。この10年間に駅周辺では商業施設やレジャー施設が次々にオープンし、京の玄関口の集客力は飛躍的に高まった。全国に広がった駅ビル総合開発の先駆モデルとして、円熟期の成長戦略も問われている。

 京都駅ビルはJR西日本が約1500億円を投じ、1997年9月に全面開業した。今年で開設140年となる京都駅の4代目駅舎でもあり、東西470メートルにわたる巨大な建物は鉄道利用だけなく、買い物や芸術鑑賞の拠点としても多くの人々を楽しませてきた。

 近年の大きな変化は、多様な周辺施設の集積だ。2007年に家電量販店「ビックカメラJR京都駅前店」が駅ビル西側に開業したのを皮切りに、10年には駅南側に映画館を備えたイオンモールが完成。同年秋には、駅北側の近鉄百貨店京都店跡地にヨドバシカメラの「マルチメディア京都」がオープンし、買い物の幅が一気に広がった。

<以下省略>

※引用元:

京都駅ビル20年、増す集客力 エリアに商業施設続々

http://kyoto-np.co.jp/economy/article/20170909000056


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 京都駅の良いところは入り口から改札やホームまでの距離がすごく短いのがいい。 電車や新幹線にすぐ乗れる設計は便利だ。 大阪や東京は入り口から改札やホームまで遠すぎる。
  • 原広司設計の内部空間は良しにしても衝立のような外観はどうしても好きになれない。商業的に成功しているので文句も言えないがコンペでの安藤忠雄案が悔やまれる。
  • 京都駅ビルのデカさが他の都市と比較してもかなりデカいのは外に行って初めて把握した。改めて利用すると買い物の利便性の高さは確かに凄い(`・ω・´)
  • なんやかんやで20年経ったのね。確かに昔と比べて周辺はかなり商業施設がふえて便利になった。
  • 伊勢丹、イオン、ビックにヨドバシ…京都感ゼロなんだが。線路を高架か地下にして、南北移動し易くして。
  • だいぶ前にジョイポリスなくなっちゃったけど、駅ビル近くのゲーセンってどこが生きてるんだろ 某駄菓子屋ゲーセンと七条キングくらいか?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: