ホーム

記事一覧

RSS

猪木氏「北朝鮮の空気が変わってきている」一問一答

 北朝鮮を訪問していたアントニオ猪木参院議員(74)が11日、帰国し東京・羽田空港で会見を開いた。会見での主な一問一答は、以下の通り。

 猪木氏 今回のテーマは、1つには自民党の中の、ある方が正式ではないんですが、出来るだけ早く訪朝したいという意向を(北朝鮮側に)伝えました。「前向きに、猪木先生の意向に沿う形にします」と返事ももらいました。訪朝議員団を結成した場合、受けてもらえますか? と話をしたら「喜んで、ぜひぜひ」と。平壌宣言の問題もありますが、ひざを付き合わせない限り、向こうの言い分も分からない。核ミサイルの問題も、ちょっと触れました。この核開発がいつまで続けるんですかと聞いたら「米国と国際社会が圧力を加える限り、我々は実験を続け、よりレベルの高いものにしていきます」という答えでした。空気が変わってきている。政治の世界は表と裏がありますので、本音の話の部分は、話し合いをしないとしょうがない。日本政府が取ってきた圧力、圧力(の外交路線)から、話し合いの空気に変わってきている。話さないと、しょうがないだろう…ずっと私が言ってきている。人の流れを絶やさないこと。今は日本側がドアを全く閉ざしている状況。制裁も何も、加えるのは簡単だが解除(するのは難しい)…北朝鮮の片棒を担いでいるんじゃないかと言う人もいるかも知れませんが、そうじゃなくお互いの言い分もある(から対話が必要)。

<以下省略>

※引用元:

猪木氏「北朝鮮の空気が変わってきている」一問一答 - 社会 : 日刊スポーツ

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1886483.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 拉致被害者を出している無法者国家と”膝を付け合わせて議論する”冗談言うなぁ!拉致被害者一人でも猪木 連れて帰国しろ。北に移住しろよ。
  • 異論はある。色々な憶測がでるのもわかるし、自分も憶測は色々する。 だが、どうゆう形であれ 逃げも隠れもせずに会見を開いて一問一答した事実は評価。
  • やっぱ猪木たいしたもんだな。 不倫してる議員やハゲーって喚いてる議員よりもちゃんと仕事してるじゃん。 やらないでゴタゴタ言ってるどっかの幹事長より頼りになるな。
  • なぜ第二次大戦が始まったか考えることも大切なんじゃないかな? それは国際社会が日本を追い詰めたからだよ。 特にアメリカが中国を支援した! この歴史知られてないよね。
  • あれだけのヒーローであったにも拘らず、過去の栄光にすがらない生き方の猪木は凄いな。自分がやったわけでも無い過去の栄光大好きな安倍とかに爪の垢を
  • 例えば「猪木ん家と家族を爆破!」と言って目の前で爆弾投げ始めてる奴に、猪木は話し合うと? で、またお金あげるの? ───
  • 北朝鮮は、核開発中止の代わりに譲歩を引き出し それで得た利益をまた核開発に転用してミサイルを作った。 もう話し合いをする時間は終わってるんだよ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: