ホーム

記事一覧

RSS

「アホ」「死ね」パワハラで鬱病、34歳カンボジア人を労災認定 立川労基署

 東京都内の建設会社で勤務していたカンボジア国籍の技能実習生の男性(34)が、上司から「アホ」「死ね」などの暴言を含むパワーハラスメント(パワハラ)を受け鬱病になったとして、立川労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが12日、分かった。認定は6月7日付。

 記者会見した男性は「誰と相談したらいいか悩み苦しんでいた。外国人は労災があることを知らないので、これから働く人も助けてほしい」と訴えた。

 労基署の調査復命書などによると、男性は平成26年6月に来日後、建設会社で配管工として働き始めた。直後から言語などの問題で、上司から暴言を吐かれ、工具でヘルメットをたたかれるなどの暴行も受けた。

 27年9月、現場で作業中に電気のこぎりに巻き込まれ、左手人さし指の先端を切断。事故後、社員から「金欲しさにわざと切ったのだろう」などと暴言が繰り返され、病院で鬱病と診断された。

<以下省略>

※引用元:

「アホ」「死ね」パワハラで鬱病、34歳カンボジア人を労災認定 立川労基署

http://www.sankei.com/life/news/170912/lif1709120039-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 日本人上司がカンボジア人社員を…という話だが、米英豪加系白人上司が日本人社員を同様に追い詰め鬱にさせ退職させる例も結構ある。人種無関係。
  • だから移民なんてのは無理。殆どの人は奴隷みたいな扱いをされて、長期的に恨みを持たれるだけだよ。実習という名の奴隷制は成功しないからやめた方がいいと思うなあ
  • 実習生制度みたいな名を変えた奴隷制度は即座に廃止しなければならない。実習生がいないと苦しい様な企業はどうせ長続きしない。
  • 「賃金を上げたら、零細業者が潰れる」とか言って、こういう経営者を守っているなら、早く潰れた方が働き方改革ができる。
  • 技能実習生を安い奴隷と勘違いしている経営者は日本の恥晒しだ、周囲は取引停止すべきだ。
  • 戦前、戦時中の徴用工問題を反省していない証拠だが、結局ブラック企業に通じているな。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: