ホーム

記事一覧

RSS

日本郵便「正社員との待遇差」訴訟、契約社員への手当支払い命じる…東京地裁

日本郵便の契約社員3人が、正社員に支払われている各種手当が契約社員に支払われないのは労働契約法違反にあたるとして、日本郵便に計738万円の支払いを求めていた訴訟で、東京地裁は9月14日、日本郵便に計約92万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

労働契約法20条では、正社員と契約社員の待遇差について、「不合理と認められるものであってはならない」としており、原告側は、正社員と同様の業務に携わっているにもかかわらず、年末年始勤務手当や早出勤務手当、住居手当などの各種手当が支払われていないことや、病気休暇などの各種休暇がないことについて、違法であると主張していた。

判決では、年末年始勤務手当と住居手当の損害賠償を認め、夏季冬季休暇、病気休暇が契約社員に与えらえないことは、不合理な取り扱いにあたり、不法行為が成立すると判断した。

<以下省略>

※引用元:

日本郵便「正社員との待遇差」訴訟、契約社員への手当支払い命じる…東京地裁

https://www.bengo4.com/c_5/c_1234/c_1720/n_6675/


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 保育士も正職と全く同じ仕事かそれ以上に臨時職員は連絡帳、日誌、月案、週案、ヒヤット、会議記録、行事司会、親対応、法人祭休日出勤だ!支払え
  • 同じ様な金を払うんだったら、これを機を日本郵政は質の悪いパート従業員を切って、もっとちゃんとした職員を正規職員として揃えてほしい。
  • これ、本当に早く同等になってしまえ~。そしたら正社員なんて責任持つだけでメリットそこそこになるやん。殆どメリットないやん。私も非正規になるわぁ。
  • フルタイムで長期契約を非正規として雇用することは今後、禁止されるべきだろう。これからは雇用の違いの根拠と、仕事内容の限定を明確化すべきだろう。
  • 小泉政権の負の遺産。 平成不況の打開策として注目されたが、今ではただの職場差別。いと悲しいかな。
  • 否定的な意見が多いけど、そういう同調圧力的な空気が、この社会が良くなる事を妨げている気がする。扱いの差はあっても良いけど不当なものは是正すべき-【日本郵便「正社員との待遇差」訴訟、契約社員への手当支払い命じる…東京地裁】
  • ああ、これは大ごとになりますねぇ。 これは全国の郵便局に波及しますよ。 数千人が同じようなこと言い出したら……。 株価が、おほほ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: